カートアイコン

EN / JP

小林孝亘は'96-97年文化庁芸術家在外研修員としてバンコクに滞在、2002年より、バンコクと東京の2都市で制作活動を行っています。
個展やグループ展も数多く開催されており、作品は国際交流基金、タイ・シラパコーン大学、水戸芸術館、東京都現代美術館、大原美術館など多くの美術館にも収蔵されるなど、将来を嘱望される画家の一人です。
シンプルな構図と柔らかい光の表現により、小林は不思議な情景を創りあげます。
静けさに包みこまれた、深く暖かいまなざしを感じさせる作品です。

Gold Fish

Gold Fish

Takanobu Kobayashi

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 85,000
額装費Framing Price
¥ 8,400
消費税Tax
¥ 9,340
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 102,740
SOLD OUT

More Details

エッチング

サインSignature
あり Yes
EDITION
ED -/20
制作年Year of Creation
1999年
サイズSize
38x 38 x3cm
作品の状態Condition
良好
額仕様Frame Specification
木枠/浮かし
額寸Frame Size
43x 43x 3cm
納品期間Shipping Time
約4週間
特記事項Notices
※イメージサイズは19.6×19.6cmになります。
作品IDItem ID
27583

Profile

1960年  東京生まれ
1986年  愛知県立芸術大学美術学部油画卒業
1996年  文化庁芸術家在外研修員としてタイ・バンコクに1年間滞在
1998年  アートスコープ98ガスコーニュ・ジャパニーズ・アート・スカラシップ派遣アーティストとして、フランスのロット・エ・ガロンヌに3ヶ月滞在
1999年  バンコクに移住
現在バンコクと日本を行き来しながら制作を続ける。

2012年 「国立国際美術館開館35周年記念展 コレクションの誘惑」国立国際美館
    「DOMANI・明日展 45周年特別展示」国立新美術館、東京
    「呼びとめられたものの光」 名古屋ボストン美術館、愛知(2010~)
2011年 「Dream, dreaming us」100トンソンギャラリー、バンコク
    「コレクション3 日本美術 1950-2010」 国立国際美術館(2010~)
2010年 「陰影礼讃-国立美術館コレクションによる」 国立新美術館
    「大原美術館名品展-モネ、マティスから濱田庄司まで」 宇都宮美術館
    「魅力発見!ニッポンの油絵」 栃木県立美術館  
    「絵画の庭-ゼロ年代日本の地平から」 国立国際美術館」
    「ネオテニー・ジャパン-高橋コレクション」霧島アートの森、札幌芸術の森、上野の森美術館(2008~)
2009年 「眼を閉じて-“見ること”の現在」 茨城県立近代美術館
    「放課後のはらっぱ-櫃田伸也とその教え子たち」 愛知県美術館 など多数

Profile

Takanobu Kobayashi is regarded as one of the most influential contemporary Japanese painter. He was born in 1960 , Tokyo and graduated from the oil painting major of Aichi Prefectural University of Fine Arts in 1986. After he stayed in Bangkok by scholarship of Bereau of Cultural Properties from 1996 to 1997, he has been working either in Bangkok or in Tokyo.
In the spring of 2004, Meguro Museum of Art held Kobayashiユs solo exhibition, titled "KOBAYASHI Takanobu - Endless Summer" including from his early submarine paintings to the latest works of the date; the "Sunbather" series. In the exhibition his unique sense of reality was highly evaluated from the public.
Kobayashi is constantly showing his works in Nishimura Gallery since 1996. The "Sunbather" series were first shown in his solo exhibition in October 2003, titled "On a Beach". In each of the paintings, a person lying in the sunshine is pictured, quietly and alone with his or her eyes closed, which is a depiction of a drifting spirit between real and unreal, or between life and death. The solo exhibition in the next year was presenting a series of his illustrations for 'A Rabbit and a Trumpet', which is the serial story by Kei Nakazawa in Komei newspaper. In his latest exhibition "Mono to Kokoro" in 2006, Kobayashi painted large faces and mysteriously but confidentially, had their eyes opened for the first time.
In 2007, he exhibited his works for the inaugural exhibition of Yokosuka Museum of Art, titled "IKIRU - Reality by 9 Artists", and from 2008 to 2010, He exhibits for "neoteny Japan -Takahashi collection-"(KIRISHIMA OPEN-AIR MUSEUM, Sapporo Artpark, The Ueno Royal Museum, and in addition, it goes around three museums). we believe that which may assure once again Kobayashi's consistent deep spirituality.

Selected Biography
1960 Born in Tokyo
1982-86 Studied at Aichi Prefectural University of Fine Arts
1996-97 Stayed in Bangkok, Thailand for one year by scholarship of Bureau of Cultural Properties
1998 Stayed in Lot-et-Garonne, France by Japan Art Scope '98
1999- Lives and works in Bangkok, Chiangmai, and Tokyo