カートアイコン

EN / JP

白いクサビ 日射しの中で

Natsuyuki Nakanishi

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 100,000
額装費Framing Price
¥ 0
消費税Tax
¥ 10,000
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 110,000
SOLD OUT

More Details

エッチング

サインSignature
あり Yes
EDITION
ED -/37
制作年Year of Creation
1987年
サイズSize
50x 61.5 cm
作品の状態Condition
良好
額仕様Frame Specification
額付き
額寸Frame Size
76.5x 87.5x 3cm
納品期間Shipping Time
3~4週間
特記事項Notices
*既存の額でのお渡しになります。
作品IDItem ID
38285

Profile

1935年(昭和10)、東京に生れる。1958年(昭和33)、東京藝術大学油画科卒業。村松画廊などでの個展でペイントやエナメルに砂を混ぜた作品を発表。翌59年、シェル賞展で佳作賞を受賞。61年(昭和36)、東京国立近代美術館での「現代美術の実験」展に出品。金属を溶接した廃品彫刻を制作。またこの頃から、身辺の事物をアクリル樹脂で固めた卵形のコンパクト・オブジェや、洗濯バサミを無数に取り付けた《撹乱現象》などの連作を制作。63年、高松次郎、赤瀬川原平と「ハイレッド・センター」を組織。街頭や電車内でのハプニングを行う。翌64年、長岡現代美術館賞展および「現代美術の動向」展に出品。65年にはニューヨーク近代美術館での「日本の新しい絵画と彫刻」展に選抜出品。その後、舞踏家・土方巽との交流を通じて「最も素朴で最も知的な、絵に想いいたるようになって」、67年の個展以来、油彩作品を発表。描く行為に対する問いかけとしての平面作品は、描く主体としての作家と現実空間との緊張関係を保つ思考性の強い作品となっている。《弓形が触れて》、《間・接》などの連作を発表。1989年(平成元)、西武美術館で回顧展を開催。95年、土方巽のための舞台装置を主題とする個展を神奈川県立近代美術館で開催。1997年(平成9)、東京都現代美術館で回顧展を開催した。