カートアイコン

EN / JP

菊も猫も愛でたい。ピュアな視線が混じり合います。
二十四節気‥寒露
七十二候‥菊花開(きくはじめてひらく)
菊は奈良時代に中国から伝わり、日本で品種改良されました。
仏花のイメージが強いけれど、実はとても美しい菊がたくさんあります。
糸菊とピンポンマムをイメージして描きました。
ピンポンマムの花言葉は「君を愛す」「私を信じて」
ピュアな瞳で菊を眺める猫(そこにいる存在)を優しく包み込みます。
背景のネイビーは、シルバーなど入れたことでほんのりメタリックでモダンな雰囲気。
猫の瞳と菊には天然の岩絵具(トルコ石)。
最近、作品の一部に岩絵具を使うことがあります。
自然の美しさを自然が作り上げた画材で表現したいから。
新しい日常の中
「見えないけれど つながっている」
「会えないからこそ いとおしい」として
神羅万象・花鳥風月・四元素・二十四節気など
日本をテーマに描いています。
この絵の中にも、繋がりを。

(松尾たいこ氏のステイトメントより)

きくはじめてひらく

The chrysanthemum blooms

Taiko Matsuo

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 200,000
額装費Framing Price
¥ 0
消費税Tax
¥ 20,000
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 220,000
SOLD OUT

More Details

キャンバスにアクリル絵具、岩絵具、ボールペン、水彩色鉛筆、水彩サインペン

Acrylic, mineral pigments, ballpoint pen, watercolor pencils, watercolor felt-tip pen on canvas

サインSignature
あり Yes
EDITION
オリジナルunique piece
制作年Year of Creation
2020年
サイズSize
33.2x 24.2 cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
なしnothing
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約3週間3-4weeks
特記事項Notices
木枠にキャンバス張り。そのままかけてもお楽しみいただけます。
作品IDItem ID
60685

Profile

アーティスト / イラストレーター。広島県呉市生まれ。
第16回ザ・チョイス年度賞鈴木成一賞受賞。これまでに手がけた本の表紙装幀画は300冊以上。江國香織との共著「ふりむく」、角田光代との共著「Presents」、著書に「古事記ゆる神様100図鑑」「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」「クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない!」など。NHK「トップランナー」「日曜美術館」などに出演。現在、東京・軽井沢・福井の三拠点生活中。