カートアイコン

EN / JP

あたりまえのようにそこにあるもの、あるいはあると信じているもの。それらは本当にそこにあるのだろうか。実際には現実だった過去をあたって、その記憶を目の前の現実に当てはめているだけかもしれない。
一定の時間をおいたのち、記憶をたよりに同じ(と思われる)地点に立って撮影する。それを重ねて現れるイメージには、時間の流れやそれによって起こる記憶の差異が表出している。

存在

Untitled

Hiromasa Maeda

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 328,000
額装費Framing Price
¥ 6,000
消費税Tax
¥ 33,400
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 367,400

More Details

ラムダプリント

Lambda print

証明書Certificate of Authenticity
タグボート発行証明書ありExist
サインSignature
あり Yes
EDITION
オリジナルunique piece
制作年Year of Creation
2021年
サイズSize
73.1x 130 cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
なし(木パネル)nothing
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約3週間3-4weeks
特記事項Notices
※額装費は合わせ箱代となります。 ※サイズは1つのサイズです。 ※正円のプレートが付きます。
作品IDItem ID
61857

Profile

2018年武蔵野美術大学造形学部映像学科卒。
2020年東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。
映像の時間軸と、その構図やライブ性など他のあらゆる要素との関係を探る制作を行う。特に映像が持つ密度、すなわち情報量に着目したイメージ創造を行う。

<主なグループ展>
2020 年
CANBIRTH (アート解放区GINZA)|銀座髙木ビル
MEDIA PRACTICE 19-20|東京藝術大学 元町中華街校舎

2019 年
アート解放区DAIKANYAMA|TENOHA代官山
藝祭 2019|東京藝術大学 上野校舎
岸に立つ|横浜市民ギャラリーあざみ野
OPEN STUDIO 2019|東京藝術大学 元町中華街校舎
MEDIA PRACTICE 18-19|東京藝術大学 元町中華街校舎

2018 年
OPEN STUDIO 2018|東京藝術大学 元町中華街校舎
2017年度武蔵野美術大学卒業制作展|武蔵野美術大学

2017 年
映像は死んだのか|武蔵野美術大学課外センター