カートアイコン

EN / JP

”Au fil du temps ( オ ・フィル・ドゥ・タン)/ときを縫う” の2020年からのシリーズ作品。木を縫うことで「時の繋がり、世代を越えて受け継がれること」を表現しています。主に樟、桜、檜、松、欅を用いています。私にとっての身近な素材である木と、昭和、子供の頃に親しまれていたリリアンの紐を使っています。たくさんの自然のデータが含まれている木を、時代を超える懐かしい素材のリリアンで縫い続けることによって、時空を超え、全ての存在が繋がることを目指している。

A series of "Au fil du temps / Sewing Time" from 2020. By sewing wood, it expresses "The connection of time, passed down from generation to generation" I mainly use camphor trees, cherry blossoms, cypresses, pine trees, and camphor trees. I use wood, which is a familiar material for me, and lily yarn's string that was familiar to everyone in Showa period. By continuing to sew a tree that contains a lot of natural data with a timeless nostalgic material, Lillian, this work aims to transcend time and space and connect all beings.

ボワラクテ / Voie lactee

Milky Way

Sanae YANAGI

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 240,000
額装費Framing Price
¥ 1,080
消費税Tax
¥ 24,108
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 265,188

More Details

木彫:木をリリアン、紐で縫い繋げる

Wood, strings, paint

証明書Certificate of Authenticity
タグボート発行証明書ありExist
サインSignature
あり Yes
EDITION
オリジナルunique piece
制作年Year of Creation
2021年
サイズSize
43x 25 x16cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
なしnothing
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約4週間4-5weeks
特記事項Notices
※額装費は合わせ箱代となります。
作品IDItem ID
64252

Profile

2002年よりに個展やグループ展、シンポジウムなどで発表をしている。2012年までの約10年間、御影石、大理石をマチエールにセキセイインコをモチーフにした作品を制作する。
2012年にパリのアトリエABA/Glacièreで制作を始める。そこで 木彫家 Sylvie Lejeune に出会い、木の素材の面白さに引き込まれる。2015年に帰国後も桜、柿、銀杏、オークなどの自宅や近所で伐採された木を利用し制作している。
2015年、2011年3・11の震災によって各地に起きた地盤の液状化現象をきっかけに内面的、物理的なバランスとアンバランスをテーマに” En l’air” (In the air)を制作。台座を使わずに吊ったり、壁や床への接地面の少ない彫刻を制作する。
2017年は私の想う理想の女性像 (母) を平面的な立体(ボリュームの無い立体)によって表現した。そこから派生し2018年からは ”Au fil du temps” (オ フィル ドゥ タン)/ 時空を超える をシリーズで制作している。”Au fil du temps” の fil / 縫い紐、紐を使い、temps /時間 世代を越えていく時のつながりを表現している。

Profile

Since 2002, I have been presenting at solo and group exhibitions and symposiums. For about 10 years until 2012, I produced artworks using granite and marble as the material with budgerigars as the motif.

I began production at atelier ABA/Glacière in Paris in 2012. There I met Sculptor Sylvie Lejeune, and was drawn to the appeal of wood materials. Even after returning to Japan in 2015, I continued to make use of trees obtained at home or in the neighborhood, such as cherry, persimmon, ginkgo, and oak.

In 2015, I produced “En l'air” (In the air) with the theme of internal and physical balance and imbalance triggered by the soil liquefaction that occurred in various areas due to the earthquake disaster on March 11th, 2011. The sculptures I produce hang without using a pedestal or has little surface in contact with the wall and floor.

In 2017, I represented my ideal female image (mother) with a planar solid (a solid without volume). I branched from there, and since 2018 I have been producing a series called "Au fil du temps"/transcend time and space. From "Au fil du temps", I am expressing the "fil"/sewing strings using strings, and "temps"/time as the connection of time that transcends time and generations.