カートアイコン

EN / JP

写真は「Perspective¬=遠近法」による単一の視点によって表象的に納められてしまう側面がある。言わば、写真は世界を平面的な「ひとつの視点から見られた世界像」なのである。
写真に被写体とは関係のない形を物理的に与えることで、2次元と3次元との間に曖昧な空間が生させる。2次元の視点と3次元の視点が交わるとき、写真が平面的なものという概念から解放され、多角的な「Perspective=視点」が現出する。その多角的な「Perspective=視点」によって、世界の本質=観念を見通すことが可能になるのではないか。これらの作品が作りだす多視点によって、「見る」という行為に変化が生まれ、自己の中に生まれる新たな視野=内省の中に、見たこともない景色が拡がることを期待したい。

曲_01

bend_01

Yuna Yagi

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 350,000
箱代/額装費Framing Price
¥ 2,040
消費税Tax
¥ 35,204
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 387,244

More Details

銅板にUVプリント

UV print on copper plate

証明書Certificate of Authenticity
タグボート発行証明書ありExist
サインSignature
あり Yes
EDITION
オリジナルunique piece
制作年Year of Creation
2021年
サイズSize
46.2x 10 x15cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
なし / 立体 置きnothing
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約3週間3-4weeks
特記事項Notices
※額装費は合わせ箱代となります
作品IDItem ID
65547

Profile

現代アーティスト・写真家

1980年 兵庫県生まれ。京都在住。
2004年、ニューヨーク・パーソンズ美術大学建築学部卒業。坂茂建築設計ニューヨーク支社を経て、2007年ベルリンへ移る。 2010年、拠点を京都に移す。「見る」という行為の体験を通して物事の真理を追求し、写真の特性を活かした視覚と現象を使った作品制作、インスタレーションを国内外で発表している。

近年では、世界を旅して撮影した写真をアクリルブロックにとじ込めた立体作品郡「ひとつになる世界」(2015) や、写真にアルゴリズムを施し画像を歪ませた「崩れゆく世界」(2016)、日本の葬祭場から日本人の死生観を考察した「祈りの空間」(2017) 、光と影をテーマにした「BLANC/BLACK」(2019)などを発表。2018年には Pola Museum Annex 銀座にて個展「NOWHERE」を開催し、旧作と新作を混じえた約35点の作品群を発表した。「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」ポートフォリオ・レビュー 最優秀 ハッセルブラッド賞(2016)を受賞。パリ国際現代写真アートフェア、FOTOFEVER (2017) に招待作家として参加し、2019年にはEberhaard Awardsにノミネートされる。 DESIGNART 2019 ではデザイナー柳原照弘氏と共に大蔵山スタジオの展示制作、BIG EMOTIONS AWARDSを受賞。

<主な受賞歴>
2016年 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」ポートフォリオ・レビュー 最優秀 ハッセルブラッド賞
2019年 「第35回写真の町東川賞」 新人作家賞 ノミネート
2019年 「DESIGNART 2019」 BIG EMOTIONS AWARDS 受賞
2019年 「FOTOFEVER 2019」 Eberhard Awards ノミネート

<主な個展>
2015年 「ひとつになる世界 / IT’S ONE-WORLD」京都国際写真祭KG+, ABS gallery, 京都
2016年 「崩れゆく世界 / Collapsing World」京都国際写真祭KG+, ozasahayashi gallery, 京都
2016年 「YUNA YAGI – Une passion partagée pour la photographie d’architecture」Roche Bobois, パリ, フランス
2017年 「祈りの空間 / Space For Prayer」京都国際写真祭KG+, Bijuu gallery, 京都
2017年 「START TO COLLECT」FOTOFEVER 2017, パリ, フランス
2018年 「NOWHERE」Pola Museum Annex, 東京
2019年 「BLANC/BLACK」京都国際写真祭KG+, MOGANA, 京都

<主なグループ展>
2013年 「3人展」ギャラリーA, 京都
2013年 「せいしゅん」note et sort, 東京
2015年 「2,3,4,5」23, 京都
2017年 「Hz_Sugata edition_#01 / exhibition “折_ori”」Gallery SUGATA, 京都
2018年 「ひびきあうもの」清光院下のギャラリー, 島根
2018年 「DOOKS Book Exhibition Vol.5」Bananafish Gallery, 上海
2019年 「EARTHSCAPE」 for DESIGNART 2019, KASHIYAMA代官山, 東京

<作品集>
2018年 「I SEE」、DOOKS出版

<主な掲載雑誌>
2016年 「Voyage en Araki」by Bastien Manac’h, POLKA magazine, フランス
2017年 「BEST BEFORE Winter」 Planphase Magazine,ドイツ
2018年 「SAYEGUSA the crown book」autumn / winter 2018, SAYEGUSA & Co., Ltd.

<主な掲載本>
2017年 「#カリグラシ 賃貸と団地、貸し借りのニュー哲学」 OURS. KARIGURASHI MAGAZINE 編 ぴあ株式会社

Profile

Visual composite artist Yuna Yagi graduated with a degree in Architecture from Parsons School of Design, in New York, in 2004. After working in Canada, New York, and Berlin, she is now based in Kyoto. She pursues the truth of things through the experience of “seeing,” presenting works and installations that make use of the sense of sight and various phenomena.

Her recent works includes the three-dimensional (2015), in which photos taken while traveling the world are bound in acrylic blocks; (2016), which applies algorithms to photos, distorting the images; (2017), which considers the Japanese view of life and death from funeral halls in Japan; (2019), on the theme of light and shadow; (2020), which captures nature where the virgin forest remains; and (2021), an architectural photograph made into a three-dimensional structure using acrylic and metal. Her major exhibitions includes Pola Museum Annex Ginza (2018) and KYOTOGRAPHIE The Kyoto International Photography Festival (2021).

Yagi won the KYOTOGRAPHIE Hasselblad International Portfolio Review Prize in 2016. She exhibited at the international contemporary photo art fair FOTOFEVER in Paris in 2017 as an invited artist, and was nominated for the FOTOFEVER 2019 Eberhard Award. Town of Photography Higashikawa Award, Newcomer Award Nominee (2019).

Recommend For You