カートアイコン

EN / JP

『自分が死んだ後の世界がどーなってもいい』
ある日、耳にしたこの発言に強い嫌悪感と憤りを抱いた私。

その理由をずっと探していました。



この作品、よーー~ーく見つめると、口をつむんだ女の子が現れます。
女の子の髪の毛に使われているカラフルな素材は、他の作品を作るときに生まれる重なりの集合体。

本来だったら、捨てられる存在。

そんな存在の素材に
『私を女の子の髪の毛にして欲しい』そう訴えかけられた気がして生まれた作品。

髪の毛って、死んだ細胞の集合体なんです。
髪の毛だけじゃなく、爪や皮膚の表面も死んだ細胞なんです。

死んだ後でも必要とされているんです。

今を生きている私たちも、もうこの世を去ってしまった多くの人々によって、存在できている。

「みんな、だれかの『一部』でできている」

そんな当たり前のことにも、気づきにくい現代社会を生きる私たちに嫌気が刺さないように
そんな想いを込めて作った作品です。

"I don't care what happens to the world after I die."
I was strongly disgusted and indignant at this statement that I overheard one day.

I have been searching for the reason for it for a long time.



If you look closely at this work, you will see a girl with her mouth closed.
The colorful material used for the girl's hair is a collection of layers created when making other works.

Originally, they would have been thrown away.

The material of such an existence.
I felt like I was being asked to "make my hair into a girl's hair," and this work was born.

Hair is an aggregate of dead cells.
Not only hair, but also nails and the surface of skin are dead cells.

They are needed even after they die.

We, who are alive today, are made possible by the many people who have already passed away.

We are all made up of a part of someone.

I hope that those of us who live in today's society, where it is difficult to even notice such a natural thing, will not grow weary of the fact that we are all made up of someone else.
I created this work with this thought in mind.

LimoPiece 564~サスティナブル ウィッグ blue~

LimoPiece 564~Sustainable wig blue~

Limo

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 80,000
額装費Framing Price
¥ 0
消費税Tax
¥ 8,000
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 88,000

More Details

ワイヤー、合成樹脂

Wire, synthetic resin

証明書Certificate of Authenticity
タグボート発行証明書ありExist
サインSignature
あり Yes
EDITION
オリジナルunique piece
制作年Year of Creation
2021年
サイズSize
31.8x 31.8 x3.4cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
木製フレームとアクリル板framed
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約3週間3-4weeks
特記事項Notices
作品IDItem ID
66610

Profile

手術室看護師からヘアメイクアップアーティストへ転身し、その活動の中でアート作品を作り始める。
鮮やかで透明な樹脂とワイヤーを組み合わせた独自の作品は、不可思議でスタイリッシュ。
そして生命の持つエネルギーを内包しているかのような躍動感と儚さが入り混じっている。


【経歴】

2001年 ヘア&メイクアップアーティストとして活動開始
2004年 ロサンジェルスへ渡米
2007年 帰国
2017年 Unknown Asia Art Exchange審査員賞受賞をきっかけに現代アートの活動を始める

【個展】
2019年 踊るアートマスク展
2020年 アート仮面」展【Starbucks × Limo】


【グループ展】
2017年 Unknown Asia Art Exchange
2018年 SICF19 第19 回 スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル
2019年 Rooms39
2019年 春季當代藝術沙龍展
2019年 アート解放区代官山
2020年 0101 ART FAIR
2020年「TAGBOAT×百段階段」展 ~文化財と出会う現代アート~
2020年「100人10」展
2020年「STAY SHINING TAGBOAT ART SHOW」× 阪急 MEN’S OSAKA
2021年TAGBOAT ART FAIR」
2021年アート解放区 EATS日本橋」
2021年『アート番外地展「Non-address」


【受賞歴】
2017年 Unknown Asia Art Exchange審査員賞受賞
2021年 第16回Tagboat Award入選
2020年 第15回Tagboat Award入選
2019年 第14回Tagboat Award入選
2018年 SICF19入選

https://limopiece.com/

Profile

Limo is a headpiece and mask artist based in Tokyo Japan.
She changed her career from an operation room nurse to a hair stylist and makeup artist. During her career change, she started to create headpieces. Her style is quite unique. It is mysterious, dark, and organic, but often mechanical at the same time.
She is the only makeup artist to research the method of  hairstyle and makeup for humanoid robots.