カートアイコン

EN / JP

水彩画の習作です。お好みの額を合わせてお楽しみください。

Lakeside Memory (習作)

Lakeside Memory, Sketch

Fumiko Watanabe

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 12,000
箱代/額装費Framing Price
¥ 0
消費税Tax
¥ 1,200
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 13,200
SOLD OUT

More Details

紙に水彩

watercolour on paper

証明書Certificate of Authenticity
タグボート発行証明書ありExist
サインSignature
あり Yes
EDITION
オリジナルunique piece
制作年Year of Creation
2016年
サイズSize
13.6x 18.8 cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
なしnothing
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約3週間3-4weeks
特記事項Notices
※シートのみ
作品IDItem ID
67305

Profile

千葉県生まれ、福井県育ち。15歳で美術を学ぶため単身渡英。母に「世界が親と思いなさい。」と成田空港で見送られ世界の様々な人、文化、美術によって育てられる。英国での生活、ヨーロッパ諸国貧乏旅行、帰国後の日本での生活を経て現代社会に生きる世界の人々の複雑な感情や葛藤、孤独感に気づく。以来、「現代の人間像」を心象風景の中で模索している。
ロンドン芸術大学を卒業後、京都の黒谷和紙の工房で手漉き和紙の技術を学ぶ。そこで出会った顔料はその後の作品の色彩に大きな影響を与えることとなった。また、ピーター・ドイグやデイビッド・ホックニーなど色彩画家と称される作家に大きな影響を受ける。国内外で作品を発表。現在は英国の南ウェールズ地方に移住し制作を続けている。



2006年 
渡英。ファインアート、暗室/デジタル写真の基礎技術、西洋美術史を学ぶ
2010年 
University of the Arts London, Camberwell College of Arts BA(Hons) Painting 卒業
2013年 
京都伝統工芸大学校 和紙工芸専攻卒業

[公募展]
2013年 
(財)京都伝統工芸産業支援センター/佳作      
2016年 
NEXT ART展/入選 / 朝日新聞東京本社・松屋銀座にて展示/作品買い上げ
トーキョーワンダーシード/入選/作品買い上げ

[グループ展]
2009年 
BUILD LONDON/ワークショップ企画/TateBritain/London
139/5/Trinity Buoy Wharf/London
2014年 
ニュー版画&厳選!原画展/Art Asia Araq ギャラリー/横浜
2015年 
第二回MOVE 展 IN BERLIN/KUNST GALLERY/ Berlin/作品買い上げ
京都展/津松菱デパート美術画廊/ 三重
2016年 
第三回MOVE 展 IN BERLIN/ KUNST GALLERY/ Berlin
画家のアトリエ展/銀座奥野ビル/東京 
山本冬彦推薦作家によるCDジャケットアート展/Gallery ARK/横浜
2017年 
The 11th 100 Artists Exhibition/Ouchi Gallery/ New York
2019年 
アート解放区 tagboat /東京
2022年
Core展part 11 Hankyu Men’s Tokyo

[その他]
2005年 
イギリス公共テレビChannel 4 「Ramsay's Kitchen Nightmares」スタジオ絵画制作 /作品買い上げ

Profile

Fumiko was born in Japan but left her home country at the age of fifteen to pursue her interest in art. While studying in the UK, she backpacked around Europe where she learned about many masterpieces of art. This experience enabled her to experiment with a vast variety of painting techniques adapted from great artists, both past and present. After her graduation from the Camberwell College of Arts, Fumiko became an apprentice to Japanese-paper artisans for two years in Kyoto. While there, she developed her unique use of colours through the paper-dyeing practice. Since then, colour has been the most important element in her works.
Through her international life, she has encountered a great diversity of cultures and people, and came to realise the complex emotions that lurk beneath them. This realisation quickly became the major theme of her works. In her imaginary landscapes and figures, she aims to depict both the beauty and ugliness of the contemporary world.
Her cross-cultural background has been giving her artworks a distinctive style and she has been exhibiting her works internationally.

Recommend For You