カートアイコン

EN / JP

渡邉富美子

Fumiko Watanabe

渡邉富美子

千葉県生まれ、福井県育ち。15歳の時、美術を学ぶため単身渡英。母に「世界が親と思いなさい。」と成田空港で見送られ、世界の様々な人、文化、美術によって育てられる。そして、英国での生活、ヨーロッパ諸国貧乏旅行、後の日本での生活を経て、現代社会に生きる世界の人々の複雑な感情や葛藤、孤独感に気づく。以来、「現代の人間像」を心象風景の中で模索している。
ロンドン芸術大学を卒業は、京都の黒谷和紙の工房で手漉き和紙の技術を学ぶ。そこで出会った顔料は、その後の作品の色彩に大きな影響を与えることとなった。また、ピーター・ドイグやフンデルトヴァッサーなど、色彩画家と称される作家の作品は、制作時の重要なインスピレーションとなっている。現代は東京を中心に活動し、国内外で作品を発表している。