カートアイコン

EN / JP

石川真衣氏が一貫して描いているのは、自分という主人公(=牡丹ちゃん)と愛犬レオを題材にした、運命と魂の所在をめぐる抒情詩です。版画の手法を最大限に駆使した濃淡グラデーションと驚くほど細かい描き込みには、60~70年代の劇画マンガやアングラ演劇が題材としていた精神的な暗がりを、現代にも通底するものとして浮き立たせる力があります。
本作は、様々な犬種を王子様に見立てた最近の代表的なシルクスクリーンシリーズ「犬イケメンシリーズ」からの一作です。2016年3月の個展「HANGA RETRIEVER」でも展示されました。

my dear,

my dear,

Mai Ishikawa

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 15,000
額装費Framing Price
¥ 0
消費税Tax
¥ 1,500
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 16,500

More Details

リトグラフ(3色刷り)

lithograph

サインSignature
あり Yes
EDITION
ed-/60ed-/60
制作年Year of Creation
2016年
サイズSize
29.7x 21 cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
なしnothing
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約3週間3-4weeks
特記事項Notices
シートのみでの販売となります。一部、刷り色のカスレ、汚れ、紙の折れなどがあります。
作品IDItem ID
47623

Profile

1988年、埼玉県生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科在学中より創作活動を開始。第33回大学版画展(2010年)にて町田市国際版画美術館収蔵賞を受賞し注目を集める。第1回FEI PRINT AWARD(2012年)にてグランプリ、和紙の里 東秩父版画フォーラム2013にてNHK埼玉局長賞受賞。2013年、多摩美術大学大学院卒業。「アニメコンタクト」パッケージ、アパレルブランド「A.li.E」、「デジプリ」年賀状など企業や商品へのアートワーク提供も多い。最近の個展に「Dance Macabre」(2022年、恵比寿AL)など。多摩美術大学非常勤講師。