カートアイコン

EN / JP

Automatic world

World Automatic rainbow pyramid /Combined pyramid gold grid

瞑想に良く出て来る虹のピラミッドをモチーフにしたAutomaticPainting作品。
紙幣カットは正方形から三角形に変更、地のメディウム色と、AutomaticPaintingによる偶然の神秘性を虹色と金箔で凝縮した。

現代文明はエジプト文明のパワーが基底にあるのは間違いない。高度に洗練された建築美術には現代人類の理解を超えたテクノロジーと思想を感じる。

世界中の紙幣をAutomaticに配置している時、積み上がっていく紙幣が文明の歴史の様に観えた。混ざり合い支え合うピラミッド形状の紙幣は国家同士の貿易や交流の歴史的積み重なりにも観える。虹を想定した紙幣チップの色は、後で彩色したのでは無く、最初に色素材として紙幣と合体させ、それを混ぜて使う手法を初めて試みた作品。
エジプト美術の極彩色の印象が出たのは偶然とはいえ必然的な成り行きとも思えた作品です。

※本作を発表した2019年個展AutomaticWorld関連TEXTを下記にまとめました。

私が今回取り組んだテーマは紙幣を使ったAutomaticPaintingシリーズを更新する事です。

AutomaticPaintingとは、2016年から始めた、私が考案したコラージュ手法です。同型にカットした紙幣を混ぜて見ないで(素材を見ないで手で掴み)順番に貼っていく事で視覚判断をしない事で生まれる視覚パターンの効果を使う手法です。当初は入手しやすい$紙幣からスタートし、その後世界中の紙幣を使う過程で、100カ国の紙幣を混ぜたWorldAutomaticシリーズに発展しました。
今回は主にこのWorldAutomaticシリーズの視覚効果や造形要素に、絵画のSquare構造から逸脱したオブジェのフレーム構造を、具象(人物や風景)抽象(幾何形態)の両方向で展開を試みました。

金沢21世紀現代美術館副館長の黒澤さんとオープニングの際お話した時、興味深い感想を頂きました。

トークイベント、飛入りゲストの21世紀美術館副館長の黒澤さん、紙幣のバーチャル感についての指摘が面白かった。彼が言うには、この作品はバーチャル世界の電波を発信してるらしいです 。

黒澤さんのコメントを自分は紙幣が作り出した歴史や文明そのものが人間が地球に作り出したバーチャルな世界だという指摘と解釈した。

確かに自然から文明に隔離された人工世界は物理的なバーチャル世界とも見える。その錯覚を生み出すエンジンが人間の思考でエネルギー源が紙幣通貨で動く物質文明だろう。

そのバーチャルな人間世界を表現するツールとして紙幣抽象絵画は働いている、という見方が新鮮。紙幣の使い道を逆転した美術。
紙幣の機能を奪って、眺めると世界が一瞬静止した様な感覚がある。絵画として静止させた強大な人間エネルギー→バーチャルワールドの一瞬とも視える。

世界中の紙幣を混ぜる事で多様な解釈が生まれる事と、オプアート的な錯覚現象を起こす配置パターンの効果で何か電波の様なエネルギーを発生させる効果もご指摘頂いた。今ココで発信されている何か。

人のシルエットで切り抜いたタイプは、人により絵画とも彫刻とも取れるとも指摘。自分は背面の無い平面作品は絵画と解釈している。
だが、レリーフと観れば彫刻なのかもしれない。

これら紙幣表現について、作品として発展するスタートラインであり素材と表現の特異性についてご感想を頂けて、大いに制作意欲と可能性を掴めた有意義なトークイベントでした。

私が社会や世界というフレームで作品を創造する時、そこには社会やシステムの外側も含んだ世界を前提にしている。
自然、地球、人間の思考や潜在意識、集合意識、宇宙、エネルギー、それ等バランスの中でビジョンが生成されていく。

World Automatic rainbow pyramid/Combined pyramid gold grid

World Automatic rainbow pyramid/Combined pyramid gold grid

TARTAROS

SOLD OUT

More Details

世界100カ国紙幣、金箔、アクリル、ウッドパネル

acrylic, bank note, gold foil, wood panel

証明書Certificate of Authenticity
タグボート発行証明書ありExist
サインSignature
あり Yes
EDITION
オリジナルunique piece
制作年Year of Creation
2019年
サイズSize
56x 91 x3cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
なしnothing
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約3週間3-4weeks
特記事項Notices
※額装費は合わせ箱代となります。
作品IDItem ID
58857

Profile

タルタロス(TARTAROS)
現代美術家/キュレーター
石川県金沢市出身 
フィギュア原型師として国内フィギュアメーカー原型を多数制作。プロダクトデザイナーとしてディスクカバーがニューヨークMOMAデザインカタログに登録。40代に瞑想による神秘体験を契機に現代美術家に転向。スピリチュアルな視点で歴史文明、偶像崇拝をテーマに紙幣素材の絵画と版画、偶像彫刻、AutomaticPainting、瞑想絵画のシリーズを発表。
主なキュレーションは「VR工芸-今日の神殿」「次風景」等。沖縄在住。

個展
2017「PULP FICTION」 ルンパルンパ [石川]
2019「神紙 KAMIGAMI - God paper」木之庄企畫[東京]
2020「IDEA」みんなのギャラリー[東京]
2021「Ukiyo」「IDEA Earth」ルンパルンパ [石川]
「World exchange」GalleryTAGBOAT[東京]
「BABEL AGAIN」Contemporary Tokyo[東京]
2022「浮世絵紙幣2022」Contemporary Tokyo[東京]
2023 「AFTER POP」GalleryTAGBOAT[東京]


グループ展アートフェア
2019 ONE ART TAIPEI 2019 台北 木之庄企画
ARTマレーシア 木之庄企画
2020 TAGBOAT×百段階段展 GalleryTAGBOAT
2021 tagboat ART SHOW,tagboat art fair GalleryTAGBOAT
ART北京2021 北京 Contemporary Tokyo
北京当代艺术展 北京 Contemporary Tokyo
ART021上海 上海 Contemporary Tokyo
2022
ART TAIPEI 2022 台北Contemporary Tokyo
「暖流」上海 廈門美術館
2023
『观,Just Looking中日韩艺术联展』
上海  powerlongartcenter
Art Central Hongkong2023 香港 contemporarytokyo
ART SOLO 2023  台北 contemporarytokyo


受賞歴
2014 第9回TAGBOAT AWARD 作品選出
2014 TDW ART FAIR前期  審査員特別賞. 今村 有策賞 受賞 

キュレーション
2019
VR工芸「今日の神殿 -Regeneration(再生)」
企画、キュレーション、作品参加
[作品提供] 金 理有、山本 基 、TARTAROS JAPAN tagboat Gallery[東京]
2022
「Post Imagine」ASTER[石川]
2023
「次風景 post landscape」 ASTER[石川]

◆21世紀の偶像美術
私は最も古い美術、神々や精霊信仰を形にした偶像美術を、21世紀の美術に変換しています。
作品は古代から現代の無数のシンボルで構成され、世界の美術、神話、サブカルチャー、現代の通貨システムなど様々です。
合成された作品は、作者自身でも解けない謎の様になる傾向があります。
20世紀は神と科学が交代した時代です。では、21世紀に人間は何を信仰しているのでしょう。
信仰は社会やシステム、有名人や映画、ゲーム、キャラクター、ファッションやライフスタイルに姿を変え、人間はそれらを消費する事で信仰しています。
私が偶像と捉える範囲は広く、国家や通貨交換システムなど、人が信仰する対象は全て偶像としてモチーフになります。
21世紀の偶像とは私達の鏡像でもあるのです

◆瞑想
人類が共有する暗黙知は、現代に於いてまだ開かれつつある過程であり、創作においてそれを開示する手段として、私は自己催眠や瞑想、チャネリングを用いたビジョナリーセッション、言語セッションを行います。そこに現れる世界や存在と、私の交感作用で作品は命を持ちます。

◆作品と表現
彫刻の漫画的な表現は、ドローイングが起点です。デジタルモデリングと塑像で、現代のプリミティブな表現を追及しています。
絵画は瞑想の幻視を具象と抽象の境界線上で表現しています。
コンセプチャル作品では、作品を創造する起点としての視覚創造と行為の関係性に注目します。
結果、プロセスの創造が芸術作品としての結果を生むという概念に注目した作品を進行しています。
主に紙幣や通貨制度、浮世絵や世界の古典美術を素材に世界の生成プロセスについて表現しています。

◆タルタロス
タルタロスはギリシャ神話の、地底神の名称です。世界中の神話に共通して現れる生命が誕生し、還る世界です。
東西で文明は分離しても、地底では統合されたひとつの世界=地球文明がTARTAROS (地底)で繋がっている象徴が創作の背景にある事を暗示しています。
近代個人主義から解放された視点で美術の根源的な力を示すための私のシンボルネームです。

Profile

TARTAROS
Contemporary artist/curator
Born in Kanazawa City, Ishikawa Prefecture 
As a figure prototype maker, he has created many prototypes for figure makers in Japan. In his 40s, a mystical experience through meditation led him to become a contemporary artist. He has exhibited a series of paintings and prints made of banknote material, idol sculptures, Automatic Painting, and meditative paintings on the themes of historical civilization and idolatry from a spiritual perspective.
His curatorial works include "VR Crafts: Today's Temple" and "Next Landscape," both of which utilize VR technology. Lives and works in Okinawa.

Solo Exhibitions
2017 "PULP FICTION" Rumpalumpa [Ishikawa].
2019 "KAMIGAMI - God paper" Kinosho Kikaku [Tokyo].
2020 "IDEA" Minnano Gallery [Tokyo].
2021 "Ukiyo" "IDEA Earth" Rumpalumpa [Ishikawa].
World exchange" GalleryTAGBOAT [Tokyo, Japan]
BABEL AGAIN" Contemporary Tokyo [Tokyo, Japan]
2022 "Ukiyoe Banknote 2022" Contemporary Tokyo [Tokyo, Japan]


Group Exhibition Art Fair
2019 ONE ART TAIPEI 2019 Taipei, Kinosho Planning
ART Malaysia Kinosho Planning
2020 TAGBOAT x Hyakudan Staircase Exhibition, GalleryTAGBOAT
2021 tagboat ART SHOW,tagboat art fair GalleryTAGBOAT
ART Beijing 2021 Beijing Contemporary Tokyo
Beijing Contemporary Tokyo
ART021 Shanghai Shanghai Contemporary Tokyo
Beijing 2022
ART TAIPEI 2022 Taipei Contemporary Tokyo
Warm Current" Xiamen Art Museum, Shanghai
2023 Taipei
Watch Just Looking China-Japan Han Art Exhibition
powerlongartcenter, Shanghai


Awards
2014 The 9th TAGBOAT AWARD, selected works
2014 TDW ART FAIR, Special Jury Prize. Imamura Yusaku Prize. 

Curated by
2019
VR Crafts "Today's Temple -Regeneration"
Planning, curation, participation of artworks
[Work provided by] Riyu Kim, Motoi Yamamoto, TARTAROS JAPAN tagboat Gallery [Tokyo].
2022
Post Imagine" ASTER [Ishikawa, Japan]
2023
Post landscape" ASTER [Ishikawa] 2023

◆Iconic art of the 21st century
I am transforming the most ancient art, idol art in the form of belief in gods and spirits, into art of the 21st century.
The works are composed of a myriad of ancient and contemporary symbols, varying from world art, mythology, subcultures, and contemporary monetary systems.
The synthesized works tend to be like riddles that even the artist himself cannot solve.
The 20th century was a time when God and science took turns. So what do people believe in in the 21st century?
Faith is transformed into societies, systems, celebrities, movies, games, characters, fashions, and lifestyles, which we consume and believe in.
The scope of what I see as idols is broad, and any object in which people have faith, such as nations or currency exchange systems, can be a motif as an idol.
The idols of the 21st century are also our mirror images!

◆Meditation
The tacit knowledge shared by humankind is still in the process of being opened up in our time, and as a means of disclosing it in creation, I conduct visionary and language sessions using self-hypnosis, meditation and channeling. The work takes on life through my communion with the world and the beings that appear in it.

◆Works and Expressions
The cartoonish expression of sculpture starts with drawing. With digital modeling and plasticine, I pursue a contemporary primitive expression.
The paintings express the vision of meditation on the borderline between figuration and abstraction.
Conceptual works focus on the relationship between visual creation and action as the starting point for the creation of the work.
The result is a progression of works that focus on the notion that the creation of a process produces a result as a work of art.
He expresses the process of creation of the world mainly by using banknotes, currency system, Ukiyoe and classical art of the world as materials.

◆Tartaros
Tartaros is the name of the Greek god of the underworld. It is a world where life is born and returns to the earth, which appears commonly in myths around the world.
It implies that although civilizations are separated in the East and West, they are united in the depths of the earth, and are symbolically connected by Tartaros (depths of the earth).
This is my symbolic name to show the fundamental power of art from a perspective free from modern individualism.
 

Recommend For You