カートアイコン

EN / JP

繊細な描画タッチで人気の高い、谷川氏の鉛筆画シリーズからの近作です。淡く微妙に彩色されたトーンが特徴的。日常の記憶の風景の中に少女を登場させた、空想の物語を表現しています。

いくつかの季節を越えるくらいの時間

ikutsukanokisetsuwokoerukurainojikan

Chika Tanikawa

SOLD OUT

More Details

水彩紙にアクリル絵具、鉛筆

Acrylic and pencil on paper

サインSignature
あり Yes
EDITION
オリジナルunique piece
制作年Year of Creation
2017年
サイズSize
19.1x 24.5 cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
なしnothing
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約3週間3-4weeks
特記事項Notices
※シートのみの販売です。シートは水彩紙のため、描画時に生じる多少の凹み、折れ、歪み、スレなどがある場合があります。
作品IDItem ID
53834

Profile

1986年、富山県生まれ。2010年、神戸大学発達科学部を卒業後、デザイン系専門学校勤務を経て、フリーランスのアーティスト / イラストレーターとして活動を開始した。国内外で作品を発表し続けるほか、三津田信三「どこの家にも怖いものはいる」(中央公論新社)、乾ルカ「奇縁七景」(光文社)の装画を担当するなど、幅広く活躍中。短編漫画の制作や、音楽アルバムのジャケット、ライブステージ装飾のイラスト、テキスタイルの図案提供なども。最近の主な個展に「to / しさくするキマイラ」(2018年、目白・ブックギャラリーポポタム)、「0.3秒の温室」(2019年、原宿・ギャラリールモンド)など。

Recommend For You