V A R G A S - S U A R E Z U N I V E R S A L

ヴァルガス・スアレス・ユニヴァーサル

ヴァルガス・スアレス・ユニヴァーサルはアメリカ人のアーティストで、ニューヨーク、テキサス、ビシュケク(中央アジアのキルギス共和国首都)を拠点に活動している。 メキシコで生まれ、ジョンソン宇宙センター(NASA)に隣接したテキサス州ヒューストン郊外のクリア・レイクで育つ。1991年から96年、オースティンにあるテキサス大学で天文学と美術史を学び、97年にニューヨークに移った。大型の壁画、絵画、ドローイング、サウンドを使った作品がよく知られている。

作品は、アメリカ、ロシア、ヨーロッパ、カナダ、日本の宇宙飛行のプログラム、天文学、航空宇宙建築をもとに制作し、美術館、ギャラリー、個人宅や公共スペースに展示されている。彼は実際に、NASAエイムズ研究センター(CA)、アレシボ天文台(プエルトリコ)、ケネディ宇宙センター(FL)、ジョンソン宇宙センター(TX)ガガーリン宇宙飛行士訓練センター(モスクワ)、バイコヌール宇宙基地(カザフスタン)へ赴き調査をしている。ライトブレイン・ワーズ出版(NY)、エディツィオーネ・チャルタ出版(ミラノ)、MITプレス(MA)の出版物に執筆している。

アメリカ国内で作品を収蔵しているのは、ニューヨーク近代美術館(MoMA)図書館(NY)、ホイットニー美術館(NY)、バリオ美術館(NY)、クイーンズ美術館(NY)、ブルックリン美術館(NY)、デュー・ドネ・アーカイヴ(NY)、ジャージーシティ美術館(NJ)、ロードアイランド・デザイン学校美術館(RI)バルチモア美術館(MD)、メキシク美術館(TX)、JPモルガン・チェース・美術コレクション、UBS美術コレクション。

他国で収蔵しているのは、パラッツォ・パペッセ現代アートセンター(シエナ、イタリア)、CAAM 近代美術大西洋センター(カナリア諸島、スペイン)、DA2ドムス・アトリウム2002(サラマンカ、スペイン)カスティーリャ・イ・レオン現代美術館(レオン、スペイン)、ヴィンザヴォード・モスクワ現代美術センター(ロシア)。

VARGAS-SUAREZ  UNIVERSAL

VARGAS-SUAREZ  UNIVERSAL is an American artist currently living and working between New York; Texas and Bishkek, Kyrgyz Republic in Central Asia (Kyrgyzstan).

He was born in Mexico City and raised in the Houston, Texas suburb of Clear Lake City, adjacent to the Johnson Space Center (NASA). From 1991 to 1996 he studied astronomy and art history at the University of Texas at Austin and moved to New York City in 1997. He is primarily known for large-scale murals, paintings, drawings, and sound recordings. He sources American, Russian, European, Canadian and Japanese spaceflight programs, astronomy, and aerospace architecture to create commissioned, studio-based and public artworks for museums, galleries, private and public spaces.

VARGAS-SUAREZ  UNIVERSAL has conducted post-studio research at NASA Ames Research Center, Mountain View, CA; Arecibo Observatory, Puerto Rico, Kennedy Space Center, Cape Canaveral, FL; Johnson Space Center, Houston, TX; Gagarin Cosmonaut Training Center, Korolyov (Moscow), Russia; and the Baikonur Cosmodrome in Kazakhstan. His writings have been published by Right Brain Words, New York; Edizioni Charta, Milano and The MIT Press, Cambridge, MA.

Selected collections include: The Museum of Modern Art Library, Whitney Museum of American Art, El Museo del Barrio, Queens Museum of Art, Brooklyn Museum of Art, Dieu Donne Papermill, Inc.

Archives (all in New York); Jersey City Museum, NJ; Rhode Island School of Design Museum of Art, RI; Baltimore Museum of Art, MD; Mexic-Arte Museum, Austin,TX; Palazzo delle Papesse Centro Arte Contemporanea, Siena, Italy; Centro Atlantico de Arte Moderno (CAAM), Las Palmas de Gran Canaria, Spain; DA2 (Domus Artium, 2002) Salamanca, Spain; Museo de Arte Contemporáneo de Castilla y León (MUSAC), León, Spain, Winzavod Contemporary Art Centre, Moscow, Russian Federation, JPMorgan Chase Art Collection and the UBS Art Collection.

Vector Composition No. 1

2013 acrylic, enamel and tape in-situ wall drawings
The Miller Theater at Columbia University, New York

ベクトル・コンポジション 1番
2003年
アクリル、エネメル、テープ、壁にドローイング
コロンビア大学ミラーシアター(NY)

Cosmos CODEX (2014)

commissioned outdoor mural and indoor multi-media installation.
Video "Landing Sites & Beyond" by V-SU and Barbora Berezňáková
exhibition at MACLA, San Jose, CA (May 2 - Aug. 2, 2014)

コスモス・コーデックス
2014年
建物外の壁画と建物内にインスタレーションを注文で制作
映像「landing Sites and Beyond 」はV-SUとバルボラ・ベレスナコヴァが制作
2014年5月2日から8月2日、MACLA(CA)で展示

Vectorscape (2015)

oil and oil enamel on wood, 10 x 20 feet (3.04 x 6.09 M)

ベクトルスケープ
2015年
油彩、エナメル、木
3.03x6.09m
ヘラルド・スクエア近くのオフィスに設置されている壁画

I N T E R V I E W

ヴァルガス・スアレス・ユニヴァーサルの作品を最初に見たとき、ナスカの地上絵を思い出した。地上絵は動物、植物、道具を表しているが、ユニヴァーサルの作品は、天文学、数学、古代の建築物をもとに幾何学的な文様を描いてるようだ。作品を目の前にすると、私の想像力は時間と地球から離れた宇宙へと、洗練されたピラミッド建築を人類が作っていた古代へと飛ぶ。その経験は、「限られている」概念から自由になって、まるで無限の宇宙空間と時間に生きてるように感じられるのである。

Upon seeing VARGAS-SUAREZ  UNIVERSAL’s works for the first time, the mysterious Nazca Lines came to mind. While the Lines described animals, plants and tools, Universal seems focusing on geometrical patterns culled from astronomy, mathematics, and ancient architectures. In front of his paintings, my imagination travels through time and space far away from earth, towards an ancient time when human beings created sophisticated architectural pyramids, making me feel as if I was living in an infinite space and eternal time free from constrained ‘limited’ concepts.

Q. 美術史と天文学の双方を勉強しましたね。なぜアーティストになったのですか。

アーティストになった訳ではありません。2才の時から絵を描いていたのですから。10才になる前には意識的に彫刻や絵を制作するようになりました。14才で建築と美術史に興味を持ちました。18才で既にアートを志す以外の選択はありませんでした。しかし美術の学校へは行かず、天文学を勉強したのです。大学で学んだ後は医者になりたくなってニューヨークで研究をしようと思ったのですが、医学を勉強し始めるとこの街のギャラリーや美術館で展覧会をするようになりました。

Q. You studied both art history and astronomy. How did you end up being an artist? 

I did not “end up”, I started drawing when I was 2 years old. I consciously made sculptures and paintings by the time I was 10 years old. I began to be interested in architecture and art history at age 14. By the time I was 18 I realized I had no choice but to pursue art. But I decided not to attend art school and studied astronomy. After my university studies I wanted to be a doctor and pursued medical studies in NYC, but very soon after starting medical courses, I began to have exhibitions in galleries and museums in NYC.

Q. NASAではどのような研究をしたのですか。アート制作とどう関連していたのですか。

2014年1月、カリフォルニア州サンホセにあるMACLAでの個展のために、同州マウンテンビューにあるNASAのエイムズ研究センターの施設を使ったり科学者と接触したりしても良いという許可を得ることができました。展覧会のタイトルは「コスモス・コーデックス」です。月の科学、宇宙船のデザイン素材、小惑星、惑星地質学、水星の衛生写真に関する研究に基づいた新作を展示しました。実験所と研究施設に入ることができ、また3人の科学者たちに話を深く伺いましたが、彼らは研究データを私にも教えてくれました。

Q. What kind of research did you conduct at NASA? Was it related to the idea of making art?

In January 2014 I was granted permission by NASA Ames Research Center in Mountain View, California to have access to facilities and scientists to do research for a solo exhibition at MACLA, in San Jose, CA. The exhibition was titled “Cosmos Codex”. The content of the exhibition included new artworks based on the research of lunar sciences, materials for spacecraft design, asteroids, planetary geology and satellite photography of Mars. I had access to laboratories, research facilities, and I made in depth interviews with three scientists who shared research data with me.

Q. 文章を書く時にはどのような題材を選びますか。アーティストとして、それとも天文学者として書くのでしょうか。

他のアーティストについて、様々なプロジェクトを通じて得た自身の経験について、そしてほんの少しですが旅について書きました。出来るだけ科学者のように分析をして書きますが、あまりドライにならないようにしています。全体としてはストーリーを伝えたいのです。

Q. In your writings, what kind of subjects do you tackle? Do you address them as an artist or astronomer?

I’ve written about other artists, my own experience and process with various projects, and a little bit about my travels. I try to write with a very analytical point of view, a bit like a scientist, but not too dry. Overall, I’m trying to tell a story.

Q. アメリカだけでなく、なぜキルギスタンにも拠点を構えているのですか。なぜ行くことになったのでしょうか。

2014年、キルギスタンのビシュテクにある中央アジア・アメリカ大学の建物のために作品を制作する注文を受けたのです。ニューヨークの建築家、地元の職人、加工業者、アーティスト、学生、技術者たちと密接に関わって仕事をしました。プロジェクト完了までは、始まってから2年かかりました。その間ニューヨークとビシュテク間を行き来し、終わったのは2016年9月でした。仕事が終わってニューヨークに戻ってきたら、またビシュテクで仕事をしたくなったのです。それで戻って、熟練職人と地元の素材を使って制作できるスタジオを二つ構えることになりました。現在はニューヨークとビシュテクに滞在する期間を半々にしていて、バランスが取れています。

Q. Why do you work in Kyrgyzstan and not just in the U.S.? What brought you there?

In 2014, I was commissioned to create a permanent site-specific artwork for the American University of Central Asia in Bishkek, Kyrgyzstan. I worked closely with the architects, who are from NYC, and with local artisans, fabricators, artists, students, and engineers. The project took 2 years from beginning to end. I was traveling back and forth between NYC and Bishkek. I finished in Sept. of 2016. After this project, I came back to NYC and realized that I liked working in Bishkek. I decided to return and set up two studios for myself to work with master artisans and local materials. At this point, I divide my time between NYC and Bishkek, half the year here and half the year there. It’s a nice balance for now.

Q. 楽譜にご自身の個性ある数学的な線を描く時、音楽を聴いているのでしょうか。

私はいつも音楽を聴いています。リズム、ビート、テンポに合わせるのです。楽譜にドローイングを描いた時に音楽を聴いていたかどうかは覚えていません。仕事をする時は、音楽、レクチャー、ポッドキャスト、オーディオブックのいずれかを聴いています。制作する時は自分が何を描いているか考えていなくて、オートパイロット(自動操縦)なのです。

Q. Were you listening to the music when while drawing your ‘signature’ mathematical lines on staff notation pages?

I am always listening to music. I pace myself to rhythm, beats and tempo. I don’t specifically remember if I was listening to music while I made the drawings on musical staff sheets. Overall I shift between music, lectures, podcasts and audio books while working. I don’t think about what I’m doing in my work, I’m on autopilot.

Q. どのようにして絵画やドローイングに模様や線を描くのですか。何かの理論に基づいているのですか、それとも特定のモチーフやテーマを想像したり見たりしているのですか。

作品はそれぞれ違ったプロセスに基づきます。構成を作り上げるのにルールを決めることもあるし、別の作品では純粋に即興で制作し、また別の作品では写真、実際の出来事、科学的素材の特定の幾何学、建築、音に基づいていることもあり、あるいは今あげたものを組み合わせて作品に仕上げることもあります。いつも実験的な制作倫理に従うのをよしとしています。

Q. How do you create the patterns or lines in your paintings and drawings? Do you base them on some kind of theories per-se, or are you just imagining or looking at any specific motif / theme?

Many different works are based on many different processes. Sometimes I set up rules systems for creating the compositions, sometimes they are pure improvisations, sometimes they’re based on photographic images, live events, specific geometries from scientific subjects, architecture or sound, and sometimes the images are based on combinations of any of the above. Overall I prefer to always maintain a rapport with an experimental work ethic.

A R T W O R K S

Orbital Vectors IVARGAS-SUAREZ  UNIVERSAL

Vector Lab IVARGAS-SUAREZ  UNIVERSAL

Vector Lab VVARGAS-SUAREZ  UNIVERSAL

Vector Group 53VARGAS-SUAREZ  UNIVERSAL

Vector Group 51VARGAS-SUAREZ  UNIVERSAL

Spatial Vectors VIVARGAS-SUAREZ  UNIVERSAL

詳しい作家の情報はコチラ

J O E H E N D R I C K
M A R C E L L U S H A L L
J A M I E M A R T I N E Z
J O H A N W A H L S T R O M
I V A N V A L T C H E V
B E T H M O O N
P A U L B R A I N A R D
E G O N Z I P P E L
V A R G A S - S U A R E Z U N I V E R S A L
C U R A T O R
K Y O K O S A T O

佐藤恭子

ニューヨーク在住のインディペンデント・キュレーター

1995年早稲田大学第一文学部美術史学専修卒。卒業論文のテーマはジャクソン・ポロック。NHKグループで博覧会やファッションショーのディレクターとプロデューサーを経験。2002年に渡米し、フリーランスのキュレーターとして活動を始める。「メトロポリタン美術館古代エジプト展 女王と女神」(2014年、東京と神戸で開催)ではコーディネーターを務めた。

ニューヨークで開催した二つの東日本大震災関連の展示(2011年と2016年)では、報道写真だけでなく、震災が理由で東北に移住した4人の写真家を紹介した。現代アートの展示では、 アッパーイーストのウォーターフォール・マンション&ギャラリー、ブルックリン(ダンボ地区)の屋外映像展示プロジェクトなどにゲスト・キュレーターとして参加している。

Kyoko Sato

Kyoko Sato is a Japanese independent curator based in New York. Kyoko began career as curator after moving to the US in 2002. She proposed the theme and coordinated the exhibition “Ancient Egyptian Queens and Goddesses: Treasures from The Metropolitan Museum of Art, New York” held in Tokyo and Kobe, Japan in 2014.

As curator for contemporary art shows, Kyoko has participated in Waterfall Mansion & Gallery, located in the Upper East Side of Manhattan and a public art video project series in Dumbo, Brooklyn.

She also held two exhibitions about the Great East Japan Earthquake in 2011 and 2016. Kyoko was responsible for press photo installations as well as the introduction of four photographers who relocated to the Tohoku region to document the lives of people living post-disaster.

Kyoko has previously produced and directed exhibitions and fashion shows for the NHK Group, a public television network in Japan. She received a Bachelor of Arts in art history from Waseda University in Tokyo Japan in 1995. The theme of her graduate thesis was on Jackson Pollock.

Facebook

> 詳細を見る

Instagram

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る