M A R C E L L U S H A L L

マーセラス・ホール

マンハッタンのローワーイーストサイドを拠点に活動するアメリカ人のイラストレーターである。作品はニューヨーカー誌の表紙、ウォール・ストリート・ジャーナル紙、アトランティック・タイムズ紙、アメリカン・イラストレーション誌、コミュニケーション・アーツ年鑑に掲載された。

子供の絵本には、「だって私の可愛い子だから」(エイブラムス2008年)、「大好きな街」(エイブラムス2009年)、「牛はクッキーが好き」(サイモン&シャスター2010年)、「だって僕はお父さんだから」(エイブラムス2010年)、「満月と星」(エイブラムス2011年)、「だって私は先生だから」(エイブラムス2012年)、「動物園が新しい!」(スカラスティック2014年)、「ダドル・パック:パドル・ダック」(サイモン&シャスター2015年)、文字も自身で描いた「みんな寝てる」(ペンギン2013年)がある。

2017年3月、伝説的なバー、マックス・フィッシュで個展を開く。ジョニー・デップ、イギー・ポップ、ボブ・ディラン、キキ・スミス、トム・オッターネス、シェパード・フェアリーといった今では有名になったアーテイスト達が集まり、作品を披露してきた場所だ。また、ローワーイーストの「100のゲート」プロジェクトとして2015年には壁画を描き、重要なスポットになっている。

音楽家としても活動しており、レイルロード・ジャークやホワイト・ハッスルといったバンドと録音をし、アメリカ、ヨーロッパ、日本へもツアーをしている。個人でも活動を続けており、アルバム 「ファースト・ライン」(2011年)、「アフターグロー」(2013年)を出している。

Marcellus Hall

American illustrator based in the lower east side of Manhattan. His work has appeared in The New Yorker, The Wall Street Journal, The Atlantic, Time, American Illustration, Communication Arts annuals. His first cover for The New Yorker was published in 2005.

Hall has illustrated children’s books which includes, Because You Are My Baby (Abrams 2008), City I Love (Abrams 2009), The Cow Loves Cookies (Simon & Schuster 2010), Because I Am Your Daddy (Abrams 2010), Full Moon and Star (Abrams 2011), Because I Am Your Teacher (Abrams 2012), What's New? The Zoo! (Scholastic 2014) Duddle Puck: The Puddle Duck (Simon & Schuster 2015), and the self-penned Everyone Sleeps (Penguin 2013).

Hall recently held a solo show at MaxFish in March of 2017, this legendary bar is where many icons such as Johnny Depp, Iggy Pop, Bob Dylan, Kiki Smith, Tom Otterness, Shepard Fairey, and other now-famous artist have gathered and presented their works in the past. Hall has also painted one of the most significant murals in the lower east side of Manhattan as part of the “100 Gates” project in 2015.

Being also active as a musician, Hall has recorded with bands Railroad Jerk and White Hassle, and has toured throughout the US, Europe, and Japan. He continues to make music under his own name; with solo albums titled The First Line (2011) and Afterglow (2013).

Originally from Minnesota, Hall holds a BFA in illustration from the Rhode Island School of Design. Upon graduation, he would then move to New York where he currently resides.

I N T E R V I E W

2017年3月、マーセラス・ホールはマックス・フィッシュで個展を開いた。マンハッタンのローワーイーストサイドにあるこのバーは、アートが毎日創造されてきた伝説的な文化スポットだ。 ジョニー・デップ、イギー・ポップ、ボブ・ディラン、キキ・スミス、トム・オッターネス、そしてシェパード・フェアリーがこのアートの聖域に訪れたむろした。2014年に新しい場所に移転してもそのスピリットは健在だ。

Marcellus Hall held his solo show at Max Fish in March 2017. The bar has been a legendary cultural spot of the lower east side of Manhattan, where art is created day and night. Johnny Depp, Iggy Pop, Bob Dylan, Kiki Smith, Tom Otterness, and Shepard Fairey have all come to hang out in this artistic haven. The spirit of the original location is alive and well in the newly relocated space that was opened in 2014.

Q. マックス・フィッシュでの個展を実現した感想は?

個展は成功でした。オープニングには100人以上来たし作品も売れました。

Q.How do you feel about your accomplishment of having a solo show at Max Fish?

The show was a success. More than 100 people attended the opening and sales were good.

Q. 最近ドローイングのスタイルが変わりましたね。輪郭をもう描かないのですね。新しいスタイルに変化したのはどうしてでしょう。

一つのスタイルを止めて新しいスタイルにしたわけではありません。私のやり方は、自分を表現する方法を探しているのです。ある日正しいと感じたことが別の日には違ったりします。何年もの間、線によって明確にするという補足的な箇所に色を使いました。最近は、水彩にとても魅了されているのとインスピレーションによってニューヨークのストリートの写真を使って描いているということから、線も一緒にして紙に直接ペイントするようになりました。中国の書と同じで、直接的で自然な動きを取り込むためです。結果は絶大で、みんな褒めてくれます。2017年春のマックス・フィッシュでは、基本的にこのやり方で描いた絵を展示しました。

Q. You changed your style of drawing recently and you don't draw outlines any more. How did you find your new style? 

It's not that I have abandoned one style and adopted a new one. My process is an evolving search for ways to express myself. What feels right one day may feel different on another. For years I used color to complement areas defined by lines. Recently, as part of my ongoing fascination with watercolor, and using photographs taken on New York streets as inspiration, I dispensed with line altogether and painted directly onto the paper, like Chinese calligraphy, in hopes of capturing a direct and spontaneous gesture. The results were dynamic and people responded enthusiastically. These paintings were the basis of my Spring 2017 exhibition at Max Fish. 

Q. ストリート・カルチャーを描くのはどうしてですか?

街中の生活で見かける「文化」が魅力的で、人間の性質を万華鏡のように見せてくれるからです。

Q. You paint street culture. Why? 

The "culture" of urban life fascinates me because it reflects the kaleidoscopic aspect of human nature. 

Q. 作曲して歌もうたいますね。そのことがあなたの絵に影響していますか?

絵を描く時、考えていることは組合せ、ハーモニー、テクスチャー、韻、メロディー、反復です。音楽を作るときに考えていることと同じなのです。音楽は叙情的ですが、自分のアートも叙情的なものだと考えたいのです。

Q. You compose and sing, too. How does THAT reflect in your paintings? 

When I paint, my considerations are composition, harmony, texture, rhyme, melody, and repetition. These are the same considerations I have when I make music. Also, I like to think of my art as lyrical, and music is lyrical. 

A R T W O R K S

Patisserie Marcellus Hall

Barbershop Marcellus Hall

New York Stock Exchange Marcellus Hall

Opening Marcellus Hall

Street Fashion 2017_06 Marcellus Hall

詳しい作家の情報はコチラ

D A N I E L R O T H B A R T
E V A P E T R I C
J O E H E N D R I C K
M A R C E L L U S H A L L
J A M I E M A R T I N E Z
J O H A N W A H L S T R O M
I V A N V A L T C H E V
B E T H M O O N
P A U L B R A I N A R D
E G O N Z I P P E L
V A R G A S - S U A R E Z U N I V E R S A L
C U R A T O R
K Y O K O S A T O

佐藤恭子 Kyoko Sato

ニューヨーク在住のキュレーター 、アートコンサルタント 1995年早稲田大学第一文学部美術史学専修卒。卒業論文のテーマはジャクソン・ポロック。NHKグループで博覧会やファッションショーのディレクターとプロデューサーを経験した後、2002年に渡米し、フリーランスのキュレーターとして活動を始める。「メトロポリタン美術館古代エジプト展 女王と女神」(2014年、東京と神戸で開催)を実現につなげた。 ニューヨークで開催した二つの東日本大震災関連の展示(2011年、2016年)では、報道写真と震災が理由で東北に移住した4人の写真家を紹介した。現代アートでは、 アッパーイーストのウォーターフォール・ギャラリーで小松美羽のニューヨーク初展示を企画、ブルックリン(ダンボ地区)の屋外映像展示プロジェクトにも参加している。2017年からホワイトボックス (非営利アートセンター)に参加、2018年にはホワイトボックス で「大きな世界を求めて 日本人アーティストとニューヨーク 1950年代から現在」展(2018年)では草間彌生、オノヨーコ、千住博、国吉康雄など55人の足跡を紹介して歴史的な展示となったほか、コシノヒロコ のニューヨーク初展示も手がけた。同年ホワイトボックス からアジア部門ディレクターに指名される。同組織でのプログラムを通じてニューヨークで活躍する白人、黒人、ラテンのアーティストとのコラボも手がける。 また、ローニン・グローバス・アーティスト・イン・レジデンス・プログラムの審査員、RISD(ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン)、RU(レジデンシー・アンリミテット)、NARSファンデーションのビジティング・クリティックを務めている。

Kyoko Sato is a Japanese independent curator and art consultant based in New York City. In 2014, she planned and coordinated the exhibition “Ancient Egyptian Queens and Goddesses: Treasures from The Metropolitan Museum of Art, New York,” held at both the Tokyo Metropolitan Museum and the Kobe City Museum, Japan.   As a curator for contemporary art shows, she has curated several shows including a debut exhibition for Miwa Komatsu, at the Waterfall Gallery, located in the Upper East Side of Manhattan. She also participated in a public art video project series, the “Light Year” in Dumbo, Brooklyn in 2016.  She held two exhibitions about the Great East Japan Earthquake in 2011 and 2016. Sato presented press photos as well as the documentary works of four photographers who relocated to the Tohoku region to document the lives of people living post-disaster.  In 2017, she joined a roster of renowned international curators at WhiteBox, the original Chelsea alternative non-profit art space. She organized a major historical exhibition, “EXODUS I A Colossal World: Japanese Artists and New York 1950s-Present” (2018) included 55 artists ranging from Yayoi Kusama, Yoko Ono, Takashi Murakami, and Hiroshi Sugimoto to younger, emerging expats. In October 2018 she was assigned as Director of Asian Programming.  She has been serving as an Ambassador and Juror to the Ronin-Globus Artist-in-Residence program since 2017. Previously she’s been a visiting critic to various educational and art programs including the MFA program at RISD (Rhode Island School of Design), Residency Unlimited, and the NARS Foundation.  Sato studied art history at Waseda University in Tokyo. After she graduated, she became a part a NHK Enterprises, a public TV group, during which she served as the first producer to create the concept for the Omotesando Collections, a major fashion show in Tokyo continued through 2019.