I V A N V A L T C H E V

アイバン・バルチェブ

1944年ドイツ生まれ、ブルガリア育ち。現在はニューヨークに住む。彫刻、絵画、版画を制作。1969年からアーティストとして活動を始め、その長いキャリアの間にアメリカ、スウェーデン、フランス、ドイツ、スイス、スペイン、オーストリア、デンマーク、オランダなど多くの国で紹介されてきた。版画がメトロポリタン美術館(ニューヨーク)、ニューヨーク公立図書館、ナショナル・ギャラリー(ワシントンDC)、パリ国立図書館(フランス)、ジュネーブ歴史博物館(スイス)などに収蔵されている。

バルチェブは多くの機関で勉学を修めた秀才だ。ワルシャワ美術アカデミー(ポーランド)で彫刻を学び、コペルニクス大学(ポーランド)では修復を学ぶ。その後ストックホルム王立科学アカデミー(スウェーデン)修了、ストックホルム大学(スウェーデン)卒業、ルーブル美術館(フランス)で修復士のインターンを経験、フォーダム大学(ニューヨーク)では 専門職学位を取得している。また、メリーランド大学やニューヨークの多くの大学で教鞭も取ってきた。

この「ニューヨークスタンダード」には、数々の絵画の他に、メトロポリタン美術館所蔵の「神秘」とニューオーリンズ美術館所蔵の「雄牛」も提供してくれた。

Ivan Valtchev

Born in Germany in 1944, Valtchev who was raised in Bulgaria and now based in New York, creates sculptures, paintings and prints. During his long career since 1969, his works have been introduced to many countries including, the US, Sweden, France, Germany, Switzerland, Spain, Austria, Denmark, Holland and others. His prints are in the permanent collections of the Metropolitan Museum of Art (New York), the New York Public Library, the National Gallery of Art (Washington DC), the National Library in Paris (France), the Geneva History Museum (Switzerland), and in a several other major American and European museums.

 Valtchev studied art in various schools and received his Professional Diploma from Fordham University. He did an art conservation internship at Louvre Museum Paris, received BA from University of Stockholm and an MFA from Royal Academy of Fine Arts, Stockholm. Prior to this, he also studied sculpture at Academy of Fine Arts in Warsaw and art conservation at The University of Copernicus (Poland). He taught art at the University of Maryland and in a number of colleges in New York; New York University and The Cooper Union.

Together with his paintings, he also provided “New York Standard” gallery with his prints titled "Mystery" from the collection of the Metropolitan Museum of Art and “The Bull” from collection of the New Orleans Museum of Art.

I N T E R V I E W

ギリシャ神話、神獣、ネィティブアメリカンの魔法のダンス、それにバーツラフ・ニジンスキー(1889-1950)やパブロ・ピカソ(1881-1973)といった歴史上の著名人。バルチェブが作品にしているテーマは永遠で時を超えて現代の私たちにも訴えかける。彼の作品は過去の巨人への賛美と魂の繋がりを表現したものだ。このことから多くの主要美術館が彼の作品を収蔵した理由がうなずける。

 Valtchev tackles timeless subjects as Greek mythology, mythic creatures, Native American magic dances, and extraordinary men in history, the likes of Vaslav Nijinsky and Pablo Picasso. His works manifest admiration for the Old Masters' and a spiritual bond with them. For this reason many museums collected his art and prints.

Q. 作品のテーマはどのように選ぶのですか?

主題を自分で選ぶことはめったにありません。主題自体が私のところにやってきて、私に様々な鮮烈さで映像を見せてくれるのです。まず偶像的イメージが活発になり炸裂するのが見えます。それから新たな変化と爽快な情熱でもって変わっていくのです。この次に来るのが物理的な世界で、私は電撃的な衝動、流れ、制作に必要な動きといった世界に浸ります。

Q. How do you choose a subject for your works? 

I rarely choose my subjects. The subjects come on their own and they invade me with visions of various intensity. My visions are following blossoming or bursting iconic images, then they alternate, return with new changes and a invigorating passion.  Practically next to this physical world I'm immersed in a world of electrifying impulses, a flow or art urges.

Q. 多くのテーマは過去からのものですね。例えば19世紀末に生まれた二人の男性を選んでいますが、なぜでしょうか。

バースラフ・ニジンスキーは1889年にキエフで生まれ、時代を超えた最高のダンサーです。20世紀初頭には音楽、ダンス、美術の大きな流れの先端にいました。ピカソは多数の素材と視覚を使って、溢れるばかりの自由さと軽快さで制作したことで知られていますが、美術史全体でも比類ない偉人と言えます。ピカソのことを少しでも理解してみたいと思ったので数点の肖像画を描きました。80年代に前のパートナーだったフランスワーズ・ジローがホフストラ大学(ニューヨーク)で展覧会をした時には、招待されて彼女に会いました。そして彼女と夫でポリオワクチンを開発したジョナス・ソーク博士を写真におさめています。ピカソの友達で伝記を書いたジョン・リチャードソンは70年代からの知人です。

Q. Many of your themes are from the past. For example you picked two men born at the end of 19th century. Why?

Vaslav Nijinsky is the greatest dance idol of all times and he was born in 1889 in Kiev. He rode on the top of a magnificent creative wave of music, dance and visual arts at the beginning of the twentieth century. Picasso is known as multi task, multi-visionary artist creating in a exuberant, free and frivolous manner and so elevating himself to a grandeur not known by other artist in the entire art history.  I wanted to understand him a bit better and therefore I painted a few portrait studies of him. In the 80’s his former partner Francoise Gilot had a show at the Hofstra University. I was invited and met her in person. I photographed her and her husband Dr. Jonas Salk, the inventor of the polio vaccine. Since the early seventies I know John Richardson, Picasso's personal friend and biographer.

Q. ニューヨークの伝説的なアートディーラー、レオ・キャステリ(1907-1999)は、あなたが撮った写真をたくさん持っていたそうですね。彼とのエピソードを教えてください。

そうですね、彼のアーティストをオープニングで写真を撮るのを最初は許してくれて、のちには勧めてくれるようになりました。例えば、亡くなる直前のキース・ヘリングとリチャード・セラを420 西ブロードウェイにあったレオのギャラリーで撮影しています。他の作家も撮影していて、フランク・ステラ、ジェームズ・ローゼンクイスト、ブルース・ニューマン、ジャスパー・ジョーンズ、ロイ・リキテンシュタインなどです。写真は美術批評の雑誌「マンハッタン・アーツ」に掲載されました。ローゼンクイスとラウシェンバーグがとてもフレンドリーでした。ボブ・ラウシェンバーグは私の作品を買ってくれました。

アメリカのアート業界でゴッドファーザーとして君臨し力を持っていたレオがとても控えめでさり気なく振舞っていたことは、驚くべきことでした。彼はとても内向的な人でしたが、オープニングに彼がいるだけで会場全体にインスピレーション溢れる雰囲気が漂っていました。彼はフランス語が堪能だったし、ワインが好きで共通の友達がいたので、のちに私たちは仲良くなりました。80年代に私がソーホーで展示をすると来てくれました。しかし彼は私がアーティストとして活躍できるのはアメリカではなくヨーロッパだと思っていました。私が育ったブルガリアの共産党から逃れた難民なのだと話をしたら、レオは第2次世界大戦時に軍事諜報部で通訳として米軍で働いたことを話してくれました。彼が言語に長けていたことは、世界一のディーラーになったこととは関係していると思います。完璧なドイツ語、イタリア語、フランス語を話し、もちろん英語も話しました。今でもオープニングで写真を撮ったことに対するお礼を記したレオからの私的な手紙を持っています。

Q. The legendary art dealer in New York, Leo Castelli (1907-1999) had a number of your photographs. Tell us about some episodes with Leo. 

Yes, he allowed me and later encouraged me to photograph his artists at his openings. At one occasion for instance I photographed Keith Haring, shortly before his death, with Richard Serra at Leo's 420 W Broadway gallery. I also photographed his other artists: Frank Stella, James Rosenquist, Bruce Nauman, Jasper Jones, Roy Lichtenstein and so on. My photographs were published in an art review called Manhattan Arts.  Of all artists Rosenquist and Rauschenberg were the friendliest. Bob Rauschenberg bought art from me. It was amazing that Leo held such a power as a godfather of the arts in America and yet he was acting in a very unassuming and a low key manner.

He was a very private person, but at opening receptions his very presence generated an inspirational energy for the entire crowd. After a while Leo and I became friendly on account of his very good French, interest in good wines and sharing some friends in common. He came to my art show in SOHO in the 80. But he believed that my place as an artist was in Europe and not in US. When I told him that I'm a refugee from a communist Bulgaria (I grew up there), he shared that he served in the US army during the WWII as an interpreter for army intelligence. I would connect his exceptional language skills to his rise as the top world dealer in his time. Leo spoke perfect German, Italian, French and of course very good English. I still have a few personal letters of Leo, thanking me for photographing his openings.

Q. 1971年からニューヨークでアーティストとして活動していますね。ニューヨークならではの経験があったら教えてください。

50年近くもの間、ニューヨークのアートの鼓動を感じられたことは特別なことでした。1981年から2009年までブルーム・ストリートとウェスト・ブロードウェイにあるスタジオをシェアしていました。そこからは数多くのギャラリーのオープニングにすぐに行くことができました。新しいスタイルが形成され花開き、アーティストは発見されて一夜にしてセレブになりました。アーティストたちは世界に挑戦し、群れをなして新しい方向性を形成し、全く違った姿になったりしました。私は自分に関係あるトレンドや流派を見出しませんでしたが、それは活気に満ちたマジックの世界でした。

Q. You have been active as an artist in New York since 1971. Please tell us about any typical experiences you had in New York?

It was a privilege to feel the art pulse of New York City for nearly half a century.  Also since 1981, I shared an art studio on Broome Street and West Broadway until 2009. From there it was a very short walk to art openings in the so many galleries. New styles formed and flourished. Artists were discovered and became celebrities overnight. Artists challenged the world, formed clusters and new directions groups and then morphed in something diametrically different. But I did not find a trend or a school that I could associate with. It was a vibrant magic world. 

A R T W O R K S

詳しい作家の情報はコチラ

D A N I E L R O T H B A R T
E V A P E T R I C
J O E H E N D R I C K
M A R C E L L U S H A L L
J A M I E M A R T I N E Z
J O H A N W A H L S T R O M
I V A N V A L T C H E V
B E T H M O O N
P A U L B R A I N A R D
E G O N Z I P P E L
V A R G A S - S U A R E Z U N I V E R S A L
C U R A T O R
K Y O K O S A T O

佐藤恭子 Kyoko Sato

ニューヨーク在住のキュレーター 、アートコンサルタント 1995年早稲田大学第一文学部美術史学専修卒。卒業論文のテーマはジャクソン・ポロック。NHKグループで博覧会やファッションショーのディレクターとプロデューサーを経験した後、2002年に渡米し、フリーランスのキュレーターとして活動を始める。「メトロポリタン美術館古代エジプト展 女王と女神」(2014年、東京と神戸で開催)を実現につなげた。 ニューヨークで開催した二つの東日本大震災関連の展示(2011年、2016年)では、報道写真と震災が理由で東北に移住した4人の写真家を紹介した。現代アートでは、 アッパーイーストのウォーターフォール・ギャラリーで小松美羽のニューヨーク初展示を企画、ブルックリン(ダンボ地区)の屋外映像展示プロジェクトにも参加している。2017年からホワイトボックス (非営利アートセンター)に参加、2018年にはホワイトボックス で「大きな世界を求めて 日本人アーティストとニューヨーク 1950年代から現在」展(2018年)では草間彌生、オノヨーコ、千住博、国吉康雄など55人の足跡を紹介して歴史的な展示となったほか、コシノヒロコ のニューヨーク初展示も手がけた。同年ホワイトボックス からアジア部門ディレクターに指名される。同組織でのプログラムを通じてニューヨークで活躍する白人、黒人、ラテンのアーティストとのコラボも手がける。 また、ローニン・グローバス・アーティスト・イン・レジデンス・プログラムの審査員、RISD(ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン)、RU(レジデンシー・アンリミテット)、NARSファンデーションのビジティング・クリティックを務めている。

Kyoko Sato is a Japanese independent curator and art consultant based in New York City. In 2014, she planned and coordinated the exhibition “Ancient Egyptian Queens and Goddesses: Treasures from The Metropolitan Museum of Art, New York,” held at both the Tokyo Metropolitan Museum and the Kobe City Museum, Japan.   As a curator for contemporary art shows, she has curated several shows including a debut exhibition for Miwa Komatsu, at the Waterfall Gallery, located in the Upper East Side of Manhattan. She also participated in a public art video project series, the “Light Year” in Dumbo, Brooklyn in 2016.  She held two exhibitions about the Great East Japan Earthquake in 2011 and 2016. Sato presented press photos as well as the documentary works of four photographers who relocated to the Tohoku region to document the lives of people living post-disaster.  In 2017, she joined a roster of renowned international curators at WhiteBox, the original Chelsea alternative non-profit art space. She organized a major historical exhibition, “EXODUS I A Colossal World: Japanese Artists and New York 1950s-Present” (2018) included 55 artists ranging from Yayoi Kusama, Yoko Ono, Takashi Murakami, and Hiroshi Sugimoto to younger, emerging expats. In October 2018 she was assigned as Director of Asian Programming.  She has been serving as an Ambassador and Juror to the Ronin-Globus Artist-in-Residence program since 2017. Previously she’s been a visiting critic to various educational and art programs including the MFA program at RISD (Rhode Island School of Design), Residency Unlimited, and the NARS Foundation.  Sato studied art history at Waseda University in Tokyo. After she graduated, she became a part a NHK Enterprises, a public TV group, during which she served as the first producer to create the concept for the Omotesando Collections, a major fashion show in Tokyo continued through 2019.