B E T H M O O N

Beth Moon

Moon is an American photographer based in New York. Since she started with photography in 1999, she has been internationally recognized with her black and white platinum print works produced from film. Recently, she also garnered acclaim and success in her digital captured color prints of trees.

She held 30 solo shows in galleries and museums world wide, including MUSE- Science Museum of Trento (Italy) and Louisiana Art & Science Museum (LA), and has joined 30 international group exhibitions.

The works are in the collections of The Museum of Fine Arts, Houston (TX), The Museum of Photographic Arts in San Diego (CA), Louisiana Art & Science Museum (LA), and Museum of Modern and Contemporary Art, Bolzano (Italy). Her work was covered by New York Times, Wall Street Journal, Huffington Post, Smithsonian, National Geographic, Chicago Tribune and Bazaar Art (China).

Moon was born in Wisconsin, and then lived in England and San Francisco before she came me to New York. She studied fine art at the University of Wisconsin.

Her book “Ancient Trees: Portraits of Time” (Abbeville Press, 2014) is a bestseller. Moon provided us with 5 black and white platinum prints from this book. Also, she presents 5 works from the series, Diamond Nights published in her latest book “Ancient Skies, Ancient Trees” (Abbeville Press, Fall 2016).

ベス・ムーン

ニューヨークを拠点に活動するアメリカ人。1999年から写真家として活動を始め、フィルムで撮影した白黒のプラチナ・プリントで国際的に知られるようになる。近頃はデジタル撮影のカラー・プリントの制作にも成功している。

世界中で開催した個展はトレント自然科学博物館(イタリア)、ルイジアナ美術館科学館(LA)など約30回にのぼり、グループ展も約30展に参加をしている。ヒューストン美術館(TX)、サンディエゴ写真美術館(CA)、ルイジアナ美術館科学館(LA)、ボルツァーノ近代美術館(イタリア)が作品を所蔵。また、インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナル、ハフィントンポスト、スミソニアン、ナショナル・ジオグラフィック、シカゴ・トリビューン、バザール・アート(中国)に紹介されて いる。

ウィスコンシン州生まれでイギリスとサンフランシスコに居住したのち、1年前からニューヨークに拠点を移した。ウィスコンシン大学で美術を学ぶ。

写真集「古代の木:時間の肖像」(アブヴィル出版2014)はベストセラーになっている。 この本から白黒プラチナ・プリントの写真を5点、そして 発表したばかりの「古代の空、古代の木」(アブヴィル出版2016秋)に収められた「ダイヤモンドの夜」シリーズからも5点をニューヨーク・スタンダードのために用意してくれた。

I N T E R V I E W

“People must be crying in front of your work,” before I finish saying this to Beth, tears were falling from my eyes. It was the time I first visited her studio in Stamford, CT on January 19th, 2017, looking at large color prints from the series “Diamond Nights.” Large, old trees surrounded by a myriad of stars. Sublime, Holy, life, eternity, peace, solitude, absolute beauty, ancient history, universe, earth; such terms came to me at once, then, I realized the tree was obviously communicating with stars.

「作品を見た人たちは、みんな泣いているんじゃないですか」とベスに言いながら、私自身の目から涙がこぼれていた。2017年1月19日にスタンフォードにあるスタジオを初めて訪ねた時のことである。「ダイヤモンドの夜」シリーズの大判カラー・プリントには、古い大木が無数の星に囲まれていた。崇高、神聖、生命、永遠、平和、孤独、絶対的な美、古代の歴史、宇宙、地球、といった言葉が頭の中に一度に浮かび、その後、明らかに木が星々と会話をしていることに気がついた。

Q. Why do you shoot old trees and when did you start shooting them?

As a child, I was outdoors from dawn until bedtime, and playing in trees was a big part of my day. There are so many aspects of trees that I find intriguing. I am learning all the time. Many have very compelling stories and histories and they are ingenious at finding ways to survive in harsh conditions.

Q. なぜ古木を撮影するのですか。撮影を始めたのはいつでしょうか

子供の頃、夜明けから就寝時まで外にいて木の中で遊ぶのが日課でした。木々の色々な要素が面白くていつも多くのことを学んでいます。私はいつでも学習しています。多くの木にはとても説得力のあるストーリーや歴史があって、厳しい条件のもとで生き残る方法を器用に見つけて来たのです。

Q. How do you choose the tree?

I made my decisions based on the trees' age, immense size, or notable history.

Q. 木をどのようにして選ぶのですか。

樹齢が長いこと、巨大であること、注目に値する歴史があることです。

Q. Why did you start shooting nighttime too?

I wanted to explore the relationship between the trees and the cosmos.

Q. 夜も撮影するようになったのはなぜですか。

木と宇宙との関係を探りたくなったからです。

Q. Your signature works are filmed black and white platinum prints. Why did you start producing digital color prints? When?

To be able to create 30-second exposures that would allow enough light to enter the camera, I needed a digital capture as film would not allow a successful result. I started to shoot digital in 2013 when I started this project.

Q. フィルムで撮影された白黒のプラチナ・プリントが有名ですが、なぜデジタルのカラー・プリントも制作をするようになったのですか。それはいつからですか。

カメラに十分な光を入れるために30秒の露出が必要だったのですが、フィルムでは思うようにならないのにデジタルではそれが可能だったからです。2013年にこのプロジェクトを始めた時にデジタルも使うようになりました。

Q. Which tree is your favorite one?

That would be like asking which is my favorite child! I love them all.

Q. どの木がお気に入りですか。

それは、どの子どもが好きなのかと聞いているのと同じことですよ!全部大好きです。

Q. Have you experienced something mysterious next to trees, such as you felt they are talking to you or saw dreams?

Yes, trees often come to me in dreams. I have always had a strong reverence for our natural world in general and a very powerful connection on a spiritual level to these very old trees.

Q. 木の近くにいて、不思議な体験をしたことはありますか。木が話しかけてきた気がしたり、夢を見たりとか。

はい、よく夢に出てきます。普段から自然界に対して深い畏敬の念を抱いてきたし 、古い木々とはスピリチュアルなレベルで強く繋がってきました。

Q. Some trees are revered as holy in the world. Any comments?

Yes, many trees have been worshipped around the world and the center of religious/spiritual rituals. A sense of majesty is easy to sense when in their presence and I think many people are receptive to this.

Q. いくつかの木々は世界で神聖なものとして扱われてきました。それに対してどう思いますか。

はい、世界の宗教やスピリチュアルな儀式で多くの木々が崇拝されてきました。荘厳さはそれが確かであるときには簡単に感じられるもので、多くの人が感じることができるものだと思います。

A R T W O R K S

詳しい作家の情報はコチラ

D A N I E L R O T H B A R T
E V A P E T R I C
J O E H E N D R I C K
M A R C E L L U S H A L L
J A M I E M A R T I N E Z
J O H A N W A H L S T R O M
I V A N V A L T C H E V
B E T H M O O N
P A U L B R A I N A R D
E G O N Z I P P E L
V A R G A S - S U A R E Z U N I V E R S A L
C U R A T O R
K Y O K O S A T O

佐藤恭子 Kyoko Sato

ニューヨーク在住のキュレーター 、アートコンサルタント 1995年早稲田大学第一文学部美術史学専修卒。卒業論文のテーマはジャクソン・ポロック。NHKグループで博覧会やファッションショーのディレクターとプロデューサーを経験した後、2002年に渡米し、フリーランスのキュレーターとして活動を始める。「メトロポリタン美術館古代エジプト展 女王と女神」(2014年、東京と神戸で開催)を実現につなげた。 ニューヨークで開催した二つの東日本大震災関連の展示(2011年、2016年)では、報道写真と震災が理由で東北に移住した4人の写真家を紹介した。現代アートでは、 アッパーイーストのウォーターフォール・ギャラリーで小松美羽のニューヨーク初展示を企画、ブルックリン(ダンボ地区)の屋外映像展示プロジェクトにも参加している。2017年からホワイトボックス (非営利アートセンター)に参加、2018年にはホワイトボックス で「大きな世界を求めて 日本人アーティストとニューヨーク 1950年代から現在」展(2018年)では草間彌生、オノヨーコ、千住博、国吉康雄など55人の足跡を紹介して歴史的な展示となったほか、コシノヒロコ のニューヨーク初展示も手がけた。同年ホワイトボックス からアジア部門ディレクターに指名される。同組織でのプログラムを通じてニューヨークで活躍する白人、黒人、ラテンのアーティストとのコラボも手がける。 また、ローニン・グローバス・アーティスト・イン・レジデンス・プログラムの審査員、RISD(ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン)、RU(レジデンシー・アンリミテット)、NARSファンデーションのビジティング・クリティックを務めている。

Kyoko Sato is a Japanese independent curator and art consultant based in New York City. In 2014, she planned and coordinated the exhibition “Ancient Egyptian Queens and Goddesses: Treasures from The Metropolitan Museum of Art, New York,” held at both the Tokyo Metropolitan Museum and the Kobe City Museum, Japan.   As a curator for contemporary art shows, she has curated several shows including a debut exhibition for Miwa Komatsu, at the Waterfall Gallery, located in the Upper East Side of Manhattan. She also participated in a public art video project series, the “Light Year” in Dumbo, Brooklyn in 2016.  She held two exhibitions about the Great East Japan Earthquake in 2011 and 2016. Sato presented press photos as well as the documentary works of four photographers who relocated to the Tohoku region to document the lives of people living post-disaster.  In 2017, she joined a roster of renowned international curators at WhiteBox, the original Chelsea alternative non-profit art space. She organized a major historical exhibition, “EXODUS I A Colossal World: Japanese Artists and New York 1950s-Present” (2018) included 55 artists ranging from Yayoi Kusama, Yoko Ono, Takashi Murakami, and Hiroshi Sugimoto to younger, emerging expats. In October 2018 she was assigned as Director of Asian Programming.  She has been serving as an Ambassador and Juror to the Ronin-Globus Artist-in-Residence program since 2017. Previously she’s been a visiting critic to various educational and art programs including the MFA program at RISD (Rhode Island School of Design), Residency Unlimited, and the NARS Foundation.  Sato studied art history at Waseda University in Tokyo. After she graduated, she became a part a NHK Enterprises, a public TV group, during which she served as the first producer to create the concept for the Omotesando Collections, a major fashion show in Tokyo continued through 2019.