E G O N Z I P P E L

エゴン・ジッペル

ニューヨークを拠点に活動するドイツ人のアーティスト。 作品には絵画、ドローイング、コンセプチュアル・アート、インスタレーション、彫刻、プロジェクター展示がある。 フランクフルト、ハイデルバーグ、マンハイム、ハンブルグ、デュッセルドルフ、ケルン、ベルリン、ローマ、ミラノ、ニューヨークで個展を開催、ニューヨークの伝説のナイト・クラブ、ライムライトやトンネルでも作品を発表した。 グループ展には、「アート・スカウト・ワン」(2009マンハイム)や「光の波」(2006 ハドソン、ニューヨーク)に参加した。 また、キュレーターの佐藤恭子が共同企画したブルックリンで開催したグループ展にも参加している。

2016年の今年発刊したばかりの「101現代アーティスト」(アートヴォイス・アートブックス)にはアーティストの一人として選ばれている。 1960年ドイツ人の両親のもとルーマニアで生まれる。1964年にチャウセスク政権が主導を握るとドイツに移住した。マンハイム大学でグラフィック・デザインを学ぶ(1981-84, 86-88)。 84年にフルブライト奨学金を受けて渡米、テキサス大学に通う(1984-85)。その間、大学の公式雑誌「アトモースト」のアート・ディレクターを務める。85年からの2年間はニューヨークに移り、グラフィッック・デザイナーとして働きながらニューヨーク工科大学でコンピューター・グラフィックスを習得する。その後ドイツに戻り、シュテーデル美術大学でニュー・メディアを学んだ(1993-94)。94年から2年間をイタリアで過ごした後、96年からニューヨーク在住。97年から2年間、写真家ナン・ゴールディンのアシスタントを務めた。現在はニューヨークとベルリンにスタジオを持つ。

エゴンは2011年から現在まで制作を続けている「デヴァンダライジング」(反公共物破壊)シリーズの新作を当ギャラリーのために用意してくれた。絵画、コンセプチュアル・アート、コラージュを同時に楽しめる作品だ。ニューヨーク、デトロイト、ラス・ベガス、ケベック、モントリオール、ハバナ、ベルリン、パレルモ、カターニャ、ナポリ、ローマ、フィレンツエ、ミラノなど各都市を実際にエゴンが訪れ、街に貼ってあるステッカーを収集し、作品に使用している。このシリーズは全てそれぞれの都市に貼られていたオリジナル(本物)を使っているという点が重要であり、作品を類ないものにしている。

EGON ZIPPEL

Egon Zippel is a New York-based German artist. Zippel produces paintings, drawings, conceptual works, installations, sculptures, and projection works. Zippel has held solo shows in galleries, organizations, and art fairs in Frankfurt, Heidelberg, Mannheim, Hamburg, Du¨sseldorf, Cologne, Berlin, Rome, Milan, and at nightclubs in New York including Limelight and Tunnel. He also participated in group shows including: “Art Scout One” (2009, Manheim) and “Waves of Light” (2006, Hudson, NY).

Among other group shows, Zippel participated in two exhibitions in Brooklyn, curated or co-organized by Kyoko Sato. He was also featured in the recently published, 101 Contemporary Artists (2016 Artvoices Art Books, CA).

Born in Romania in 1960 to German parents, his family moved to Germany when the dictator Nicolae Ceau?escu took political power in 1964. He studied graphic design at the University of Mannheim, Germany (1981-84, and 1986-88, BFA). In 1984 he received a Fulbright Scholarship, moved to the US and spent an academic year at the University of Texas at Austin (1984-85), where he was also the art director for the official University of Texas student publication, UTMOST MAGAZINE. From1985 to 86, Zippel worked in NYC as a graphic designer and studied computer graphics at New York Institute of Technology. He returned then to Germany and continued with his post-graduate studies at the Institute for New Media at the Staedel Art Academy in Frankfurt, Germany (1993-94). He lived in Italy from 1994 to 96, until eventually settling again in NYC in 1996. He assisted photographer Nan Goldin from 1997 to 99. Currently he maintains studios in New York and Berlin.

Zippel continues to present new works from the series “Devandalizing” (2011- present), which are simultaneously paintings, conceptual art, and collages, for the audience of the New York Standard Gallery. In these works, he uses stickers collected from the streets of New York, Detroit, Las Vegas, Quebec, Montreal, Havana, Berlin, Palermo, Catania, Naples, Rome, Florence, Milan, and many more. It is important to note that all his DEVANDALIZING artworks are done with original stickers collected from these cities, and are therefore, absolutely unique.

A R T W O R K S

詳しい作家の情報はコチラ

D A N I E L R O T H B A R T
E V A P E T R I C
J O E H E N D R I C K
M A R C E L L U S H A L L
J A M I E M A R T I N E Z
J O H A N W A H L S T R O M
I V A N V A L T C H E V
B E T H M O O N
P A U L B R A I N A R D
E G O N Z I P P E L
V A R G A S - S U A R E Z U N I V E R S A L
C U R A T O R
K Y O K O S A T O

佐藤恭子 Kyoko Sato

ニューヨーク在住のキュレーター 、アートコンサルタント 1995年早稲田大学第一文学部美術史学専修卒。卒業論文のテーマはジャクソン・ポロック。NHKグループで博覧会やファッションショーのディレクターとプロデューサーを経験した後、2002年に渡米し、フリーランスのキュレーターとして活動を始める。「メトロポリタン美術館古代エジプト展 女王と女神」(2014年、東京と神戸で開催)を実現につなげた。 ニューヨークで開催した二つの東日本大震災関連の展示(2011年、2016年)では、報道写真と震災が理由で東北に移住した4人の写真家を紹介した。現代アートでは、 アッパーイーストのウォーターフォール・ギャラリーで小松美羽のニューヨーク初展示を企画、ブルックリン(ダンボ地区)の屋外映像展示プロジェクトにも参加している。2017年からホワイトボックス (非営利アートセンター)に参加、2018年にはホワイトボックス で「大きな世界を求めて 日本人アーティストとニューヨーク 1950年代から現在」展(2018年)では草間彌生、オノヨーコ、千住博、国吉康雄など55人の足跡を紹介して歴史的な展示となったほか、コシノヒロコ のニューヨーク初展示も手がけた。同年ホワイトボックス からアジア部門ディレクターに指名される。同組織でのプログラムを通じてニューヨークで活躍する白人、黒人、ラテンのアーティストとのコラボも手がける。 また、ローニン・グローバス・アーティスト・イン・レジデンス・プログラムの審査員、RISD(ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン)、RU(レジデンシー・アンリミテット)、NARSファンデーションのビジティング・クリティックを務めている。

Kyoko Sato is a Japanese independent curator and art consultant based in New York City. In 2014, she planned and coordinated the exhibition “Ancient Egyptian Queens and Goddesses: Treasures from The Metropolitan Museum of Art, New York,” held at both the Tokyo Metropolitan Museum and the Kobe City Museum, Japan.   As a curator for contemporary art shows, she has curated several shows including a debut exhibition for Miwa Komatsu, at the Waterfall Gallery, located in the Upper East Side of Manhattan. She also participated in a public art video project series, the “Light Year” in Dumbo, Brooklyn in 2016.  She held two exhibitions about the Great East Japan Earthquake in 2011 and 2016. Sato presented press photos as well as the documentary works of four photographers who relocated to the Tohoku region to document the lives of people living post-disaster.  In 2017, she joined a roster of renowned international curators at WhiteBox, the original Chelsea alternative non-profit art space. She organized a major historical exhibition, “EXODUS I A Colossal World: Japanese Artists and New York 1950s-Present” (2018) included 55 artists ranging from Yayoi Kusama, Yoko Ono, Takashi Murakami, and Hiroshi Sugimoto to younger, emerging expats. In October 2018 she was assigned as Director of Asian Programming.  She has been serving as an Ambassador and Juror to the Ronin-Globus Artist-in-Residence program since 2017. Previously she’s been a visiting critic to various educational and art programs including the MFA program at RISD (Rhode Island School of Design), Residency Unlimited, and the NARS Foundation.  Sato studied art history at Waseda University in Tokyo. After she graduated, she became a part a NHK Enterprises, a public TV group, during which she served as the first producer to create the concept for the Omotesando Collections, a major fashion show in Tokyo continued through 2019.