J A M I E M A R T I N E Z

ジェイミー・マルティネス

ジェイミー・マルティネスはコロンビア人のアーティストで、アート関連ブログの「アルテフューズARTE FUSE」の主宰者でもある。ニューヨークを拠点に活動し、ブルックリンのダンボ地区にスタジオがある。作品の多くは三角形で構成されているが、それについて彼は「独特で力強く神秘的で基本的な幾何学上の形」と語る。彼はこのプロセスとして、イメージ、データ、情報を幾何学的に組立て、壊し、断片化して三角形に区分する。 作品はロシア、スペイン、カナダ、マイアミ、ニューヨークで展示。ニューヨークではクイーンズ美術館やホワイトボックス、ロシアではモスクワのマリーナ・ツヴェターエワ記念美術館で紹介されている。

2016年、スペインのテレビ・ネットワークであるヌエストラ・テレ・ノティシアスが番組「リデレス(リーダー)」の中で30分に渡りマルティネスをインタビューした。番組は4100万人が視聴する21各国で放送された。ファッション・ブランドのアッシュ・シューズやディーゼルとコラボもしている。 1973年10月生まれ。12歳の時にコロンビアからフロリダに移民。 マイアミ国際アート&デザイン大学で学び(1997-2000年)、ニューヨークに移り、ファッション工科大学(FIT、2001-2003年)とアート・スチューデント・リーグ(2008-2010年)でも学んでいる。

Jamie Martinez

Colombian artist and publisher of ‘ARTE FUSE’ art blog. Based out of New York, his studio is located in Dumbo, Brooklyn. Many of his works consist of triangles, which he describes as a “unique, powerful and a mysterious basic geometric form”. His process involves constructing, deconstructing and fragmenting images, data, and information geometrically into triangulated segments.  His works have been presented in museums and galleries in Russia, Spain, Canada, Miami and New York, including Queens Museum (NY), WhiteBox (NY), and The Memorial House Museum of Marina Tsvetaeva in Moscow, Russia.

Nuesta Tele Noticias, a major Spanish TV network, interviewed him for 30 minutes in 2016 for the TV show “Lideres (Leaders)” which was broadcasted in 21 countries to 41 million people.  He has also collaborated with fashion brands Ash Shoes and Diesel.   Martinez was born on October 1973, he would later immigrate to Florida from Colombia upon reaching the age of twelve. He studied at the Miami International University of Art and Design (1997-2000), then moved to New York to continue his education at Fashion Institute of Technology (2001-03) and The Art Students League of New York (2008-10).

I N T E R V I E W

Q. ネイティブ・アメリカン、ワシ、エジプトのエフェルティティ王妃、メデューサといったアイコンを多く描いていますが、絵の主題をどのように選ぶのでしょうか。

主題は描いているシリーズによって違います。あるシリーズのテーマはネイティブ・アメリカンと環境だったので、自分が興味があって主題を的確に伝えることができるスピリチュアルな動物を選びました。エジプト絵画と短編フィルムを使ったシリーズも制作していて、それがネフェルティティを描くことにした理由です。ギリシャ神話のシリーズもあるのでメデューサです。

Q.Your choice of subjects have been iconic figures such as the Native Americans, eagles, Egyptian Queen Nefertiti and Medusa, how do you choose the subjects of your paintings?

That depends on the series I am working on. One series was about Native Americans and the environment, so I choose spirit animals that inspired me, and that are iconic to translate the story well. I am also working on a series of Egyptian paintings and a short film, which is why I chose to paint Nefertiti, the same with the Greek mythology series and medusa.

Q. あなたはコロンビア出身ですが、沢山の人種の血が流れていると言っていましたね。どのように混ざっているのですか。

私はコロンビアのトリマで生まれました。アメリカに長く住むようになってから、自分がどんな遺伝子を持っていてどこから来たのかを知るためにDNAテストをすることにしました。コロンビアにいても自分が深い内部でネイディブ・アメリカンであることを知っていました。多くの南アメリカの国々では、アメリカよりもネイディブ・アメリカンと混ざっているのです。

DNAテストによると、私は40%がネイディブ・アメリカン(コロンビアのピハオ族)、27%がイベリア半島(スペイン)、13%がイタリアとギリシャで、20%が8ヶ所の地域からでした。結果を知ってとても嬉しかったです。40%がネイディブ・アメリカンであることを誇りに思います。その日は人生最高の日でした。13%が イタリアとギリシャで他国ではなかったことには驚きました。お気に入りのギリシャのシリーズを描いているし、過去10年間もイタリアの仕事をしています。

Q. You are from Colombia, but you have said that your blood is mixed with many races. Could you please explain how mix it is?

I was born in Tolima, Colombia and after many years in the USA, I decided to do a DNA test to see what genes I carry and from where. Deep inside, I always knew I was Native American but in Colombia. Like many South American countries, Natives are mixed a lot more than in the US.

My DNA test revealed that I am 40% Native American (Pijao Tribe from Colombia), 27% from the Iberian Peninsula (Spanish), 13% Italian and Greek and the remaining 20% are from 8 more regions. I couldn’t be happier with the outcome. I am very proud to be 40% Native American. It was the best day of my life and I was also shocked to find out that I have I am 13% Italian/Greek, which came out of nowhere. I am glad to have painted the Greek series that is one of my favorites and I have worked for Italians over the last 10 years.

Q. 将来やってみたいプロジェクトはありますか。

金属かプレキシグラスの組み立て式の彫刻を外に展示をするプロジェクトに取り組んでいます。その中には天然素材と人造のオブジェを入れます。またグループ展の用意もしています。次はフォーリー・ギャラリーのグループ展「アナログかデジタルか」が2017年8月16日から始まり、チェルシーのギャラリー・プロテジェでも10月に始まる展示に参加します。

Q.Do you have any projects you would like to do in the future?

Yes, I am working on doing an outside installation of metal or plexiglass modular sculptures that cover different objects, including natural and man-made things. I am also participating in a couple of group shows coming up. My next show is at Foley Gallery for the group show “Analog vs Digital” which opens on August 16th, and another at Galerie Protégé in Chelsea in October.

Q. この事実は作品にどう影響していますか。

自分が母なる大地と特別な結びつきがあることやスピリチュアルであることを知っているので、制作中の多くの作品に影響していますが、特に2013年から2015年の作品は動物の魂、ネイティブ・アメリカンの肖像、ギリシャ神話を描いているので顕著といえます。

Q.How does these facts reflect on your works?

It affects my work because I always knew I had a special connection with mother earth and that I was very spiritual. This is reflected in many of the collections I am working on but mostly on my earlier pieces from 2013-2015, which are the animal spirits, the native portraits and Greek mythology paintings.

Q.VRシリーズについて説明をしてください。画面の中のそれぞれのモチーフはどう関連しているのですか。

バーチャル・リアリティ・シリーズにはユニティというソフトを使っています。バーチャル・リアリティのシミュレーションを作るのに使うソフトで、映写するのには使いません。ウニティを使う利点は、三角形に編まれたメッシュを使って簡単にまた自由にシミュレーションを作れることです。絵の中のモチーフはストーリーを伝えることに役立ち、シュルレアリズムな組合せのシミュレーションを制作しているのです。

Q.Could you explain your VR series? How is each object on the painting related?

The Virtual Reality series is my latest works in which I use Unity, which is a software used to make Virtual Reality simulations, to create simulations that will never be played. The beauty of using Unity is that it uses triangulated meshes to create simulations which make my job easier and gives me more freedom. The objects in the painting help tell a story and create a surreal fabricated simulation.

Q.スレッド(糸)シリーズでは自分で写真を撮影するのですか。作品を通して何を伝えたいのですか。

写真の撮影も含めて全部自分でします。糸で写真を三角に区切ることが基本で、全体ではなく写真の一部にだけ施すことにしました。写真は傷みやすくて柔らかいですが、糸を施すことでコントラスト、テクスチャー、張り感、硬さ、強さを写真に加えることができます。

Q.Did you take all photos of Threaded Series? What do you want to express through these works?

I did everything on the Threaded Series including taking the photos. This series is based on triangulating photographs with thread. I decided to be a little loose on these and break only certain sections of the image. I enjoy the combination of thread on photos because of the contrast, texture, tension, toughness, and strength the thread adds to the photos, which are more fragile and soft.

Q.(スペインのテレビ局の)ヌエストラ・テレ・ノティシアスでのインタビューはどのように実現したのですか。あなたのキャリアにとって大きな出来事だったようですが。何の番組だったのですか。

特別な理由はありません。友達が展示を企画していて私の作品を入れたかったのです。PR会社を頼んでいて展覧会を宣伝しようとしてそれは実現しなかったのですが、番組で決まっていたアーティストが出演できなくなったので、私に連絡が来たのです。南アメリカのアーティストが出ることになっていたのですが、私が代わりに出ることになって一晩予定を開けました。番組の内容は、ヒスパニック系のリーダーたちが地域をどのように変えているかについてでした。大統領やスター級のアーティストを含めて超有名人をインタビューしていました。自分の作品について膨大な視聴者に話ができるという素晴らしい機会に恵まれて本当にラッキーでした。コロンビアにいる家族はみんなでテレビを見たそうです。はい、大事件でした。

Q.How did your interview with Nuesta Tele Noticias happen? It seemed like a big chance for your career. What was the program about?

This interview came out of nowhere. My friend was curating a show and wanted to include my work in it. He was working with a PR company to promote the show, which by the way never happened, and they contacted me because NTN24 station had a late cancellation for an artist interview. They needed to fill the spot with a South American artist, and this is where I came in and I had one night to get ready for it. The program is about important Hispanic leaders who are making a difference in their communities. They have interviewed superstars including presidents and very successful Hispanic artists. I was very lucky to have been given such a great chance to speak to their massive audience about my work. All my family in Colombia saw it on TV! It was epic.

A R T W O R K S

LavenderJamie Martinez

Red VelvetJamie Martinez

Lost in VRJamie Martinez

Global WarmingJamie Martinez

TemptationJamie Martinez

NYCJamie Martinez

NUNJamie Martinez

Sin will find you outJamie Martinez

TV HeadJamie Martinez

詳しい作家の情報はコチラ

D A N I E L R O T H B A R T
E V A P E T R I C
J O E H E N D R I C K
M A R C E L L U S H A L L
J A M I E M A R T I N E Z
J O H A N W A H L S T R O M
I V A N V A L T C H E V
B E T H M O O N
P A U L B R A I N A R D
E G O N Z I P P E L
V A R G A S - S U A R E Z U N I V E R S A L
C U R A T O R
K Y O K O S A T O

佐藤恭子 Kyoko Sato

ニューヨーク在住のキュレーター 、アートコンサルタント 1995年早稲田大学第一文学部美術史学専修卒。卒業論文のテーマはジャクソン・ポロック。NHKグループで博覧会やファッションショーのディレクターとプロデューサーを経験した後、2002年に渡米し、フリーランスのキュレーターとして活動を始める。「メトロポリタン美術館古代エジプト展 女王と女神」(2014年、東京と神戸で開催)を実現につなげた。 ニューヨークで開催した二つの東日本大震災関連の展示(2011年、2016年)では、報道写真と震災が理由で東北に移住した4人の写真家を紹介した。現代アートでは、 アッパーイーストのウォーターフォール・ギャラリーで小松美羽のニューヨーク初展示を企画、ブルックリン(ダンボ地区)の屋外映像展示プロジェクトにも参加している。2017年からホワイトボックス (非営利アートセンター)に参加、2018年にはホワイトボックス で「大きな世界を求めて 日本人アーティストとニューヨーク 1950年代から現在」展(2018年)では草間彌生、オノヨーコ、千住博、国吉康雄など55人の足跡を紹介して歴史的な展示となったほか、コシノヒロコ のニューヨーク初展示も手がけた。同年ホワイトボックス からアジア部門ディレクターに指名される。同組織でのプログラムを通じてニューヨークで活躍する白人、黒人、ラテンのアーティストとのコラボも手がける。 また、ローニン・グローバス・アーティスト・イン・レジデンス・プログラムの審査員、RISD(ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン)、RU(レジデンシー・アンリミテット)、NARSファンデーションのビジティング・クリティックを務めている。

Kyoko Sato is a Japanese independent curator and art consultant based in New York City. In 2014, she planned and coordinated the exhibition “Ancient Egyptian Queens and Goddesses: Treasures from The Metropolitan Museum of Art, New York,” held at both the Tokyo Metropolitan Museum and the Kobe City Museum, Japan.   As a curator for contemporary art shows, she has curated several shows including a debut exhibition for Miwa Komatsu, at the Waterfall Gallery, located in the Upper East Side of Manhattan. She also participated in a public art video project series, the “Light Year” in Dumbo, Brooklyn in 2016.  She held two exhibitions about the Great East Japan Earthquake in 2011 and 2016. Sato presented press photos as well as the documentary works of four photographers who relocated to the Tohoku region to document the lives of people living post-disaster.  In 2017, she joined a roster of renowned international curators at WhiteBox, the original Chelsea alternative non-profit art space. She organized a major historical exhibition, “EXODUS I A Colossal World: Japanese Artists and New York 1950s-Present” (2018) included 55 artists ranging from Yayoi Kusama, Yoko Ono, Takashi Murakami, and Hiroshi Sugimoto to younger, emerging expats. In October 2018 she was assigned as Director of Asian Programming.  She has been serving as an Ambassador and Juror to the Ronin-Globus Artist-in-Residence program since 2017. Previously she’s been a visiting critic to various educational and art programs including the MFA program at RISD (Rhode Island School of Design), Residency Unlimited, and the NARS Foundation.  Sato studied art history at Waseda University in Tokyo. After she graduated, she became a part a NHK Enterprises, a public TV group, during which she served as the first producer to create the concept for the Omotesando Collections, a major fashion show in Tokyo continued through 2019.