J O H A N W A H L S T R O M

ジョハン・ワールストロム

ニュージャージーを拠点に活動するスウェーデン出身のアーティストである。我々を取り巻く現代の社会的、政治的トピックを表現する努力を常に続けている賢明なアーティストの一人といえる。ワールストロムはアクリルとインクで人の頭と胴体をダークで説話的に描く。それらは彼のスタジオにある紙のスクラップ集に記載されている不可解でしばしば皮肉的な社会批評をもとに描いたものである。フォーブス誌は、2015年の年末、アメリカ社会でドナルド・トランプとヒラリー・クリントンについて誰もが話題にしていた時に彼を取り上げ、社会的、政治的なトピックを作品の中に取り入れる作家として紹介し、作風はパウル・クレー、ジャン・デビュッフェ、バスキアの影響を受けていると言及している。

作品は、1998年からヨーロッパとアメリカで展示されて来た。2017年にはスウェーデンのストックホルムにあるエクヴァル・トルンブロム・ギャラリー、ニューヨークのジョルジュ・ベルジェ・ギャラリーで個展を開催した。2016年にはアート機関のホワイト・ボックス(NY)のグループ展に3回参加をし、同機関のアドバイザーに就任。これまでゲルハルト・リヒター、ヨーゼフ・ボイス、シェパード・フェアリーと並べてグループ展に展示されている。またスペイン人キュレーターであるパコ・バラガンの企画としてチューリヒのペトラ・ロッセン・ギャラリーで開かれる予定の展覧会では、パブロ・ピカソやサルバドール・ダリと共に展示されることになっている。

Johan Wahlstrom

Swedish artist living and working in Jersey City, NJ. He is one of today’s brightest artists making a conscious effort to describe the social political landscape of our contemporary world. Wahlstrom’s dark narrative paintings of heads and torsos in acrylic and ink are inspired by cryptic, often ironic social critiques that he collects on scraps of paper in his studio. Forbes Magazine covered him at the end of 2015, when Donald Trump and Hillary Clinton became the major topic in American society. He was introduced as an artist exemplifying social and political issues in his works, his style inspired by Paul Klee, Jean Dubuffet and Basquiat.

His works have been exhibited since 1998 across Europe and the US. Recently in 2017, Wahlstrom held solo shows at Gallery Ekvall-Tornblom (Stockholm, Sweden) and Georges Bergés Gallery (New York). He has participated in three group shows at Whitebox (NY) in 2016, and has become an advisor. He has exhibited in the group shows with Gerhard Richter, Joseph Beuys and Shepard Fairey, with future plans to present his work in a show with Pablo Picasso, Salvador Dali and few other very well known artists in Zurich, Switzerland in an exhibition curated by Paco Barragan at Petra Lossen Gallery.

I N T E R V I E W

ワーストロムの作品はシニカルだ。「ソーシャル・ライフ」シリーズの作品の中で、人々はコミュニケーションをしないでスクリーンを見ている。また「敬礼2016-2017」シリーズでは、猿がヒラリー・クリントン、ドナルド・トランプ、ウラジミール・プーチンを敬礼している。彼のアーティスティックな目はこの世の中を静観し、注意深く観察し作品を制作する。

Wahlstrom's works can be described as cynical. In the series" Social Life", people are not communicating each other but rather looking at screens. In the series "Saluting 2016-1017", monkeys are hailing Hilary Clinton, Donald Trump, Vladimir Putin.  His artistic eyes looks this world quietly and produces works out of these careful observations. 

Q. なぜ「ソーシャル・ライフ」シリーズを制作したのですか。

「ソーシャル・ライフ」はスペイン人キュレーターのパコ・バラガンのアイデアをもとにつくられたコンセプトです。現代のソーシャル・メディア社会を批判的に反映していて、「いつも使えること」がいかに私たちの社会生活に深く影響しているかを表しています。アーティストとして現代の社会を描くことは重要なことだと考えています。

Q. Why did you produce the series "Social Life"? 

“Social Life” is a concept created from an idea by the Spanish curator Paco Barragan. The series presents works that reflect critically on today’s social media society and how the all-time-availability is affecting our social life profoundly. As an artist, I think it is important for me to portray our contemporary society.

Q. 作品にしばしば政治的なトピックを取り入れますね。政治に対する自分の思いを表現することが、なぜ大切なのでしょうか。

アーティストや作品を見る人が気づかなくても多くのアートには政治的な要素が入っていると思います。毎日の生活には政治的社会的な問題があふれていて、アーティストである自分がそれに影響されずにいることは難しいです。私は自分のアートが論争の対象になり、我々や未来の世代にとってポジティブな変化につながることを望んでいます。

Q. You often set the theme of political matters for your artworks. Why do you think it is important to express your feelings to political issues?

I believe that most art is political even if it is not obvious to an artist or the viewer. We live in a society full of political and social issues on a daily basis, how can that not influence on me as an artist?  I want my art to be part of the debate and hopefully be part of a positive change for us and for generations to come. 

Q. ゴーストのような顔を沢山描いていますね。背景を教えてください。

歪んだゴーストみたいな顔は、観衆であり、あなたであり、私であり、私たちでもあります。観衆は今何が起きているのかを観察しています。私の政治的、社会的な声明を明確に伝える感情、感覚、表現なのです。

Q. You paint many faces that resemble ghosts. Can you explain the reason behind them?

My ghost like distorted faces are the audience, you, I, and we. The audience is watching what’s going on. They are emotions/feelings/expressions about my clearer political/social statements.

A R T W O R K S

Disconnecting 4Johan Wahlstrom

Disconnecting 6Johan Wahlstrom

Disconnecting 8Johan Wahlstrom

Disconnecting 10Johan Wahlstrom

Disconnecting 12Johan Wahlstrom

Disconnecting 14Johan Wahlstrom

Disconnecting 16Johan Wahlstrom

詳しい作家の情報はコチラ

D A N I E L R O T H B A R T
E V A P E T R I C
J O E H E N D R I C K
M A R C E L L U S H A L L
J A M I E M A R T I N E Z
J O H A N W A H L S T R O M
I V A N V A L T C H E V
B E T H M O O N
P A U L B R A I N A R D
E G O N Z I P P E L
V A R G A S - S U A R E Z U N I V E R S A L
C U R A T O R
K Y O K O S A T O

佐藤恭子 Kyoko Sato

ニューヨーク在住のキュレーター 、アートコンサルタント 1995年早稲田大学第一文学部美術史学専修卒。卒業論文のテーマはジャクソン・ポロック。NHKグループで博覧会やファッションショーのディレクターとプロデューサーを経験した後、2002年に渡米し、フリーランスのキュレーターとして活動を始める。「メトロポリタン美術館古代エジプト展 女王と女神」(2014年、東京と神戸で開催)を実現につなげた。 ニューヨークで開催した二つの東日本大震災関連の展示(2011年、2016年)では、報道写真と震災が理由で東北に移住した4人の写真家を紹介した。現代アートでは、 アッパーイーストのウォーターフォール・ギャラリーで小松美羽のニューヨーク初展示を企画、ブルックリン(ダンボ地区)の屋外映像展示プロジェクトにも参加している。2017年からホワイトボックス (非営利アートセンター)に参加、2018年にはホワイトボックス で「大きな世界を求めて 日本人アーティストとニューヨーク 1950年代から現在」展(2018年)では草間彌生、オノヨーコ、千住博、国吉康雄など55人の足跡を紹介して歴史的な展示となったほか、コシノヒロコ のニューヨーク初展示も手がけた。同年ホワイトボックス からアジア部門ディレクターに指名される。同組織でのプログラムを通じてニューヨークで活躍する白人、黒人、ラテンのアーティストとのコラボも手がける。 また、ローニン・グローバス・アーティスト・イン・レジデンス・プログラムの審査員、RISD(ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン)、RU(レジデンシー・アンリミテット)、NARSファンデーションのビジティング・クリティックを務めている。

Kyoko Sato is a Japanese independent curator and art consultant based in New York City. In 2014, she planned and coordinated the exhibition “Ancient Egyptian Queens and Goddesses: Treasures from The Metropolitan Museum of Art, New York,” held at both the Tokyo Metropolitan Museum and the Kobe City Museum, Japan.   As a curator for contemporary art shows, she has curated several shows including a debut exhibition for Miwa Komatsu, at the Waterfall Gallery, located in the Upper East Side of Manhattan. She also participated in a public art video project series, the “Light Year” in Dumbo, Brooklyn in 2016.  She held two exhibitions about the Great East Japan Earthquake in 2011 and 2016. Sato presented press photos as well as the documentary works of four photographers who relocated to the Tohoku region to document the lives of people living post-disaster.  In 2017, she joined a roster of renowned international curators at WhiteBox, the original Chelsea alternative non-profit art space. She organized a major historical exhibition, “EXODUS I A Colossal World: Japanese Artists and New York 1950s-Present” (2018) included 55 artists ranging from Yayoi Kusama, Yoko Ono, Takashi Murakami, and Hiroshi Sugimoto to younger, emerging expats. In October 2018 she was assigned as Director of Asian Programming.  She has been serving as an Ambassador and Juror to the Ronin-Globus Artist-in-Residence program since 2017. Previously she’s been a visiting critic to various educational and art programs including the MFA program at RISD (Rhode Island School of Design), Residency Unlimited, and the NARS Foundation.  Sato studied art history at Waseda University in Tokyo. After she graduated, she became a part a NHK Enterprises, a public TV group, during which she served as the first producer to create the concept for the Omotesando Collections, a major fashion show in Tokyo continued through 2019.